たきゃしーじー

たきゃしーさんがTCGを遊ぶブログです

カレンダー
<<2012年
04月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ

[2020年02月06日]
Sさん

モダン 2/6(0)

[2020年01月30日]
Sさん

モダン 1/30(0)

[2020年01月30日]
Sさん

モダン 1/23(0)

[2020年01月21日]
Sさん

モダン 1/16(0)

[2020年01月21日]
Sさん

モダン 1/11(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 1/9(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 1/2(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 12/26(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 12/21(0)

[2019年12月19日]
Sさん

モダン 12/19(0)

ユーザー情報
たきゃしー
35 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
いまさら感溢れるAAデッキ構築術メモ 9:シンプルスタイル編

実際に遊んでみると、色々な物への見方が変わるスタイルかもしれない


■シンプルスタイルをプレイするにあたって

○シンプルのレギュレーション
 ・シンプルスタイルのレギュレーションをまとめると以下のようになる。
















エクスパンション範囲「アクエリアンエイジSagaII」~最新
デッキ枚数40枚固定
カード種類キャラクター・ブレイクのみ
カード能力▼・ドロー±のみ(その他のスキル、エフェクト、アビリティ、精神攻撃力不可)

 ・主力となるネームブレイクなどは基本的にsaga2のカードが中心となる
  新規にプレイするにはレギュレーションに合うカードを探すのに苦心するかもしれない
 ・saga3以降ではシンプルスタイルに対応している主力ネームレベルは皆口茗子ァヴニーのほぼ2択、
  惑星シリーズ以降(2012年4月現在)では女神マスターズPRフォルナの1択といえる

○余談・ビギナーズインストラクター
 ・旧アクエリアンエイジ公式webサイトには、アクエリアンエイジを体験するためのwindows用ソフト
  「AquarianAge Beginners Instructor」が公開されていた
  (2012年4月現在でもダウンロードは可能な模様 http://www.aquarian-age.org/topics/040330_software...
 ・本作で遊べるルールがシンプルスタイル準拠となっているため、
  シンプルスタイルの雰囲気を体験してみるには良いかも・・・?


■シンプルスタイルを戦う

○ドキッ!ドローキャラだらけのデッキ構築
 ・シンプルスタイルではカード制限の関係上、
  基本的にアグレッシブスキルやドロースキルが付いているカードを採用することになる
 ・これには○○メイドに代表される▼・ドロー+1を持つキャラクターカード、所謂「ドローキャラ」が多く該当する
 ・ドローキャラの特徴のひとつとして「ワーカー」アイコンを共通で所持している
  ワーカーアイコンを持つブレイクカードを採用すれば、ブレイク素体に悩むことはほとんどないし、
  対戦相手の勢力エリアのキャラクターを横取りしやすい

○スペックを制するものがバトルを制する
 ・シンプルスタイルではバトルに関わる要素が能力値のみとなるため
  キャラクターのスペックを把握することが重要となる
 ・各勢力の基本的なスペックは以下の通り
  (数値は左から精神力/攻撃力/耐久力)






















































 
ドローキャラ2/1/1(3/2/1)2/1/32/2/12/2/22/2/22/3/1
1F級ブレイク3/2/23/2/32/2/22/3/33/3/22/4/2
2F級ブレイク4/3/34/3/43/3/33/4/44/4/33/5/3
3F級ブレイク5/4/45/4/54/4/44/5/55/5/44/6/4
4F級ブレイク6/5/56/5/65/5/55/6/66/6/55/7/5

 ・ひとつの鍵となるポイントは「耐久力3」のライン
  耐久力3は攻撃力2までのアタックを止めることができるわけだが、
  攻撃力2を持つキャラクターは各色ドローキャラと1F級ブレイクの広い範囲に該当している
 ・耐久力3を倒すには攻撃力3が要求される
  故に攻撃力3を持つ黒ドローキャラや2F級以上のブレイクはなるべく採用しておくべきだろう

○デッキアウト、それはもうひとつの戦い
 ・繰り返しになるが、シンプルスタイルではカード制限の関係上、
  基本的にアグレッシブスキルやドロースキルが付いているカードを採用することになる
 ・考えなしに▼によるアタックを受け続けたり、ドローキャラを支配し続ければ
  その分だけデッキの消耗が速くなり、デッキアウトによる敗北を期すことになる
  (しかもシンプルスタイルのデッキ枚数はAAにおけるデッキ最小枚数、40枚固定である!)
 ・また、対戦相手にバトルで勝てないスペックのキャラクターを出されると行き詰まるため、
  対戦相手のデッキアウトを狙う持久戦に持ち込まなければならない場合も出てくる
 ・デッキの消耗を抑えるため、ドローや▼を持たないキャラクターを採用しておくことも考えたい


saga3以降のカードで組んだシンプルスタイルデッキのレシピもあるので、サンプルとしてどうぞ。
http://tocage.jp/blog/4676/1311033862.html
茗子かわいいよ茗子。 ※たきゃしーさんは飯塚武史(a.k.a.黒星紅白)先生の大ファンです。

登録タグ: AAデッキ構築術メモ  アクエリアンエイジ 

あなたはこのブログの 367 番目の読者です。


テーマ:AAデッキ構築術メモ投稿日時:2012/04/14 01:40
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2012年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。