たきゃしーじー

たきゃしーさんがTCGを遊ぶブログです

カレンダー
<<2011年
10月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ

[2020年02月06日]
Sさん

モダン 2/6(0)

[2020年01月30日]
Sさん

モダン 1/30(0)

[2020年01月30日]
Sさん

モダン 1/23(0)

[2020年01月21日]
Sさん

モダン 1/16(0)

[2020年01月21日]
Sさん

モダン 1/11(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 1/9(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 1/2(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 12/26(0)

[2020年01月09日]
Sさん

モダン 12/21(0)

[2019年12月19日]
Sさん

モダン 12/19(0)

ユーザー情報
たきゃしー
35 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
いまさら感溢れるAAデッキ構築術メモ 1:基礎編

もう方々で語られていることだとは思うけど、通勤時間の暇にあかせて書き殴る
ここのところデッキ構築がセオリーで凝り固まってしまっているので、いかんせん脱却したい
そんな思いも込めて


■ゲームを進めるうえで前提となるお話

○カードをプレイするためにはファクターとコストが必要

○ファクターはキャラクターの支配数がそのままファクターになる
 キャラクターを支配するには
 ・勢力エリアにキャラクターをセット後、
  パワーカードフェイズ時に勢力エリアのキャラクターに
  パワーカードを満タン(精神力ぶんの枚数)まで挿す
 ・ブレイクカードをキャラクター上にセットし、ブレイクを成立させる

○コストはパワーカードから支払う
 パワーカードはパワーカードフェイズ時に用意する
 ・手札からパワーカードを挿す → ドローが必要
 ・デッキからパワーカードを挿す → チャージが必要

○つまりデッキの第一目標として
 ・強力なカードをプレイ出来るようにファクターを伸ばす
 ・ドロー&チャージを確保し、カード使用時のコストをまかなえる”補給線”を作る


■実際の構築のめやす

○キャラクターを支配できないとファクターが延びない、
 ファクターが延びないとカードが使えずにゲームが進まないので
 キャラクターはデッキの半分以上を目安とする
 60枚デッキ中なら32枚前後

○より多くのドロー・チャージを得るためには、
 1ターンで複数体のキャラクターを支配する
 そのためにはキャラクターカードの色を散らすのが有効
 ただし散らし過ぎても支配しにくくなるので3色くらいまでに抑える
 キャラクターカード枚数のうち1/3程度が目安
 (32枚キャラならメイン色20~22、他色10~12)

○1ファクターで使用出来るブレイクカードをメイン色で採用すると
 初手メイン色キャラクター支配からの2ターン目でファクターを延ばしやすくなる
 (俗に”軽ブレイク”と呼ばれている)
 枚数は4~8枚が目安

○キャラクター、軽ブレイクを入れ、余った枠のうち半分を
 主力となるネームブレイクカードの枠に、もう半分を補助カードの枠に充てる


■カード枚数目安まとめ
 ・メイン色キャラクター 20
 ・他色キャラクター   12
  (キャラクター合計  32)
 ・軽ブレイク       8
 ・ネームブレイク    10
  (ブレイク合計    18)
 ・その他補助カード  10
  (プロジェクト・ファスト・パーマネント枠)


あとは各々で調整すべし

登録タグ: AAデッキ構築術メモ  アクエリアンエイジ 

あなたはこのブログの 240 番目の読者です。


テーマ:AAデッキ構築術メモ投稿日時:2011/10/05 02:01
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2011年10月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。