Shangri-La

心ごと全部乗っ取るくらいの 誰かのウイルスになる

カレンダー
<<2010年
11月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
「祭」の意義

http://iamthebornofmycard.info/blog/?p=8154
帝です。
2010年11月3日付で公開された『‡週刊福岡決闘者第138号
‡』に筆者後記を投稿させて頂きましたので、こちらにも掲載致します。


---------------------------------------------------------

 祭、というのは今となってはすっかり日常に浸透して馴染みの深い言葉となっているがその意義を考えた事はあるだろうか。

 祭の意義を考えるにあたって諸説あるかもしれないが、少なくとも筆者は祭とは、日常とは対極にある、束の間の非日常世界だと考えている。
惰性、嫌悪、倦怠…。
様々な雑念が飛び交い我々をむしばむ、現実という目に見える世界を越えて時間を忘れ、日頃のしがらみから解放されて、夢や希望、ロマンといった多種多様な願いを叶えてくれる摩訶不思議な世界を我々に見せてくれるのが祭ではないだろうか。そのようにして、本来、祭には、人間のライフサイクルを刷新させる役割がある事を理解できる。いかなる国、文化、民族、慣習があれど、毎年巡ってくるその祭の日を祝い、それまでの自分を捨てて新しい生命力を回復させる契機とするのはどのコミュニティにも共通する習慣である。

祭。
それは、人間の欲求から導かれる程までに、本来的に備わっている自然な行事なのだ。


 祭に参加する人たちはその非日常に対して、日頃培ったエネルギーをぶつける。そうして、理屈を抜きにした凄まじい自然の力がその場に集約され、人々はその祭を良い方向へ良い方向へ働かせようとしていくのである。

年末に開催される、『Tetsu Champion Ship』。
四年目を迎えるこの行事もまた、年に一度の祭、祭典である。
大会参加者、運営スタッフ、このTCSに関わる全ての人たちには、当日是非とも解放して頂きたい。
日頃の思いを。
エネルギーを。

『第四回Tetsu Champion Ship~テンノフダガミ~』。
遊戯王が好きな人たちによって送られる、遊戯王が好きな人たちのための年末最高のエンターテイメント。

全員で必ず成功させましょう。

共鳴するその力は、必ず、福岡を動かすはずだから。







福岡大規模非公認大会開催組織「TCS運営委員会」大会記録担当改め代表補佐


登録タグ:

あなたはこのブログの 306 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2010/11/26 22:49
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2010年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。