Shangri-La

心ごと全部乗っ取るくらいの 誰かのウイルスになる

カレンダー
<<2010年
09月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
遊戯王 World Champion Ship 2010 最終結果ならびに決勝レポート翻訳

http://duel-entrance.seesaa.net/article/159568123....
8/14-15「Yu-Gi-Oh! World Championship 2010」2日目:決勝
会場:Long Beach Convention Center(カリフォルニア州ロングビーチ)
形式:トーナメント3回戦
出場者:8名


<世界チャンプ>
Galileo De Obaldia(パナマ)【カエル1キル】
<準優勝>
Vincent Paglia(アメリカ)【BF】
<3位>
みのりん(日本)【神光の宣告者】
<4位>
Tae Woo Kim(韓国)【BF】
<ベスト8>
A1(日本)【カエル帝】
She Wei Hao(台湾)【カエル帝】
Stefano Sluis(オランダ)【インフェルニティ】
Aaron Noel(カナダ)【BF】

日本勢の素晴らしい躍進。
その奮闘っぷりは帰国してからまた語り継がれていく事でしょう。

感動と興奮を、本当にありがとうございました。
今後益々の御活躍を期待致しております。

さて、海外コナミ公式ページでも掲載されました決勝戦のレポート。
そちらを翻訳した内容を『Duel Entrance』に投稿させて頂きました。
今期の環境を総括し、そして世界の頂点を決する戦いの様子が多くの人に伝われば幸いです。


---------------------------------------------------------

「Yu-Gi-Oh! World Champion Ship 2010」。
その最後を締め括る両者が、栄光の舞台にて対峙する。
【BF】を駆る決闘者、Vincent Paglia(アメリカ)。
対するGalileo De Obaldia(パナマ)の使用するデッキは【カエル1キル】。
一戦目。コイントスで先攻を獲得し、デッキのカードを殆ど全て使い切ったにも関わらず、De ObaldiaはPagliaに下されてしまう。

De Obaldiaが世界チャンプとなるためには、ここから2連勝を納めなければならない。
迎える二戦目。
De Obaldiaはサイドデッキから《クイック・シンクロン》そして《フィッシュボーグ-ガンナー》を加えて挑んだ。
対するPagliaは幸運にもDe Obaldiaの【カエル1キル】のコンボを打ち崩せる《D.D.クロウ》を初手に2枚握っていた。
しかし、ここでDe Obaldiaのサイドボーディングが功を奏す。
《クイック・シンクロン》をプレイし《黄泉ガエル》《魔知ガエル》と共に《ジャンク・デストロイヤー》をシンクロ召喚。その能力でPagliaのBF達を破壊し、二戦目を勝利。
相手の対策を死に札に変える有効な展開であった。

世界王者を決める最終戦。
Pagliaは先手を取るが、モンスターをプレイする事なく第1ターンを終える。
だが彼の手には《D.D.クロウ》があり、De Obaldiaの「カエル1キル」の早期妨害を目論む。
対するDe Obaldiaの手札はモンスター一色で、目も当てられないものであった。しかもそこに《黄泉ガエル》の姿は無い。
さらに最悪な事に、次のターン、Pagliaは《BF-疾風のゲイル》を場に出し、《王宮の弾圧》そして《生贄封じの仮面》を発動。畳みかけるかの如く《ダスト・シュート》によって《クイック・シンクロン》を抜き取り、De Obaldiaの全ての動きを封じる事に成功する。
その試合の様子を見つめる誰しもが、Pagliaの勝利を確信し、De Obaldiaを応援する観客の目からは完全に希望の光が失われていた。
しかし、De Obaldiaは諦めてはいなかった。
引き当てた《大寒波》を使い、Pagliaの《王宮の弾圧》を凍り付かせると、手札のモンスターを駆使して七つの星を集め、神の龍を呼び出す。
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
その能力により、難攻不落のPagliaの場を一気に壊滅させる。
劇的。あまりにも劇的で、原作漫画のような大逆転。
返すターン、《大寒波》の効果によって魔法・罠カードを使う事も置く事も許されないPaglia。
絶望する決闘者の前に、De Obaldiaの《光と闇の竜》が召喚される。
そのシャイニングブレスは、王者を決める一撃となった。

Galileo De Obeldia(Panama)wins and becomes the 2010 Yu-Gi-Oh! TRADING CARD GAME World Champion!

Congratulations!


翻訳:帝(『TCS運営委員会』大会記録担当)
校正:Ford(『Duel Entrance』管理人)

登録タグ: 遊戯王OCG  大会レポート 

あなたはこのブログの 1809 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2010/09/01 19:33
TCGカテゴリ: 遊戯王OCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2010年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。