ちゃーさんのブログ

カレンダー
<<2019年
06月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ちゃー(ぉちゃ)
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
WIXOSS
このブログの読者
555円デッキ解説③ タマ


555デッキ解説③
今回はタマデッキです。

アニメでは1期から通しての主人公るう子が使うルリグ。知名度は1番ではないでしょうか。
WIXOSSの「顔」として知名度も人気もあるので、キーセレクションをこれから始める人たちからも大きなシェアを集めそうな予感がしています。


【555タマ】
※5〜1の簡易評価です。5が最大。
攻撃力:5
防御力:1
持久力:3
回転力:3
カードパワー:5


今までのタマはサーチによる安定感と攻防のバランスが良いルリグでしたが、キーセレクションでは「連続攻撃」が主体の戦い方になっています。
攻撃すると手札に戻る代わりに、デッキの上から強いシグニを突然出現させて攻め込み、バウンスを絡めながら相手のライフをガンガン削っていきます。非常に攻撃的なデッキです。

反面、スターターのラインナップではリル以上に脆いデッキとなっています。なんと直接防御に繋がるアーツが2枚しかありません。
やられる前にやるを地で行くルリグといえるでしょう。
とはいえ、個々のカードパワーが非常に高いので、毎ターン高い火力を維持できれば相手は防御に手を焼くはずです。
除去もバウンスであるため、相手にエナを与えません。毎ターンアーツを使うコストを貯めさせないことで、前のめりに攻めても相手が息切れしやすくなります。


【主力カード】
・夜明の巫女タマヨリヒメ
出現効果でサーチ、遊月キーがあるとダブルクラッシュ、1ターンに1度デッキトップを確認できます。

サーチは手札を切っただけ遊具シグニを持ってこれるので、かさばったバニラシグニやスペルを3、4レベルの主力に変換でき、シンプルに強いです。

遊月キーがあるとダブルクラッシュを得ますが、これが相手に大きな圧力をかけます。シグニの攻撃と合わせると雑に4点くらい叩き出してきます。
しかも遊月キー自身の効果でレベル1サーバントのガードを封じることができるので、相手はサーバントのやりくりで非常に頭が痛いことでしょう。

デッキトップを見る効果はユキソリを引けない場合の緊急時に役立ちます。また、相手アタックフェイズにも確認しておくことでライフバーストでのドローやエナチャージをするかどうかの選択がしやすくなります。
強いカードを継続して並べたいタマにとっては地味ながらありがたい効果です。


・燃盛遊月鍵
初見で某ニュース番組のスポーツコーナーで使われるフレーズに空目したのは自分だけじゃないと信じたい。

こちらもルリグよろしく効果が盛り盛りで、ガード不可、2種のランデス効果を備えています。

レベル1でガード不可は前記した通り、ルリグアタックでのダブルクラッシュで一気にダメージレースを優位にできます。

ランデスもバウンスによる除去を主体とするタマと相性の良い効果です。
徹底的に相手にエナを与えないことでシグニの効果コストや重量アーツの使用を制限していきます。


・師の遊ユキダルマ
自分のシグニが場から手札に戻ったとき、白1で相手シグニを1体バウンスします。
また、このシグニがデッキから出ると1ドローか1エナチャージできます。

このカードだけで直接除去に繋がるわけではありませんが、他の入れ替わり効果を持つシグニと組み合わせることで複数面の除去を可能にする強力な切り札です。
自身がデッキから出てもアドが稼げるので、仕込みなしで出てきてもとくしたなーとなります。


・師の遊ケロパッチン
自分のシグニをトップに置くことで相手のシグニをバウンスするという、一風変わったコストが必要な除去効果を持っています。
主に後記するユキガッセンをトップに置く役割で使います。

また、メインでも除去ができるだけでなく、アタックフェイズに突然デッキから飛んできて不意の除去を撃つこともできます。
相手からすると常にデッキトップを考え、アーツを撃つ必要があるため、非公開領域を最大限利用したプレイングも覚えるとタマを使うことがより楽しくなると思います。


・讃の遊ユキガッセン
デッキから出てくると相手のレベル3以下をバウンスするこのデッキの主力となるカードです。

自身がレベル3であるため、3ターン目から効果を狙っていけます。
ユキソリでトップに持ってきてもよし、ケロパッチンでトップに置いてもよし。あとは入れ替わるシグニとユキダルマの効果と併せて2面除去を決めましょう。


・讃の遊パックンチョ
・仁の遊カマクラ
アタック時に手札に戻すことでデッキトップのシグニを出せます。
この2枚の効果を使い、トップの強いシグニと入れ替わって点数を取るのがタマの真骨頂です。

2種類のシグニは少しだけ効果の処理が違います。
パックンチョはトップのシグニを出すところまでで終わりますが、カマクラはアタックしているシグニとして出すため効果使用後に攻撃順を変えたり、アタック時効果を使うことはできません。今後アタック時効果持ちを採用する場合は注意。


【総評】
非常に攻撃的な構築になっていますが、反面防御が紙ペラのように薄いため早期にゲームエンドへ持っていくプランをとる、あるいは防御アーツを増やすことが急務となるでしょう。

タマのブースター産カードはどれも強力な効果が揃っているため、数枚入れるだけでもかなりの戦力アップが見込めます。
特に「師の遊姫プリキャス」は一瞬でゲームエンドに持っていけるほどの効果を持っています。余裕があれば是非投入したいカードです。

私はピルルク同様タマもほとんど使ったことがないので、簡単にですが紹介させていただきました。
次回はグズ子を紹介したいと思います。

では。

登録タグ:

あなたはこのブログの 70 番目の読者です。


テーマ:カード解説的な投稿日時:2019/06/11 06:42
TCGカテゴリ: WIXOSS  
表示範囲:全体
前のブログへ 2019年06月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
 
現在コメントはありません。