D・D・B-エラッタにより復活-

気が向くままに更新してます

カレンダー
<<2016年
12月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
佐々木
26 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【WS】(作ってないけど)ペルソナ5雑感&タイカプ考察

金銭的余裕があれば作りたいとは思っている、どうも佐々木です

このまま組まなそうな気がしないでもない

回復耐久を愛する自分にしてみれば、《春&ミラディ/NOIR》,《ナビゲーション役 双葉/NAVI》,《祐介&ゴエモン/FOX》あたりを使ってレベル2~3にかけて耐久するデッキが一番いいんじゃないかなと思ってしまうわけですが、どうなんでしょうね
タイトルカップを見た場合はかなり良さそうですけど

そもそもタイトルカップで有利なのはどのタイプのデッキなのか
レベル3の要注意カードとして上げられるのは《主人公&アルセーヌ/JOKER》,《ナビゲーション役 双葉/NAVI》,《祐介&ゴエモン/FOX》の3種類くらいでしょうか

《主人公&アルセーヌ/JOKER》は強力な詰めの効果を持っていますね
相手の前列の全てのキャラをリバース若しくはバウンス等で消す必要は有りますが、対応CXなしの詰めとしてはかなり強力だと思います
少し重めのデッキ構成で2面決めればそのターンだけで10点くらい入ってもおかしくありません

《ナビゲーション役 双葉/NAVI》は耐久面において全ての効果がかみ合っていますね
こいつのせいで《主人公&アルセーヌ/JOKER》がタイトルカップではかなり使いにくくなると考えています
対応CXを握っておく必要はありますが、門で握りやすい点でも評価が高いです

《祐介&ゴエモン/FOX》はチェンジによってレベル2で出せるので盤面を取りやすくなります
全面倒さなければならない《主人公&アルセーヌ/JOKER》への回答としても◎
このタイトルでは対抗できる早出しメタが《署内一の頭脳派 足立》か《ひどすぎる完二ちゃん》であり、怪盗デッキには入りにくい点も追い風となっているような気がします

詰めを完全に止められる回復耐久、かなり良さそうじゃないですか?
というわけで今回は無理矢理《主人公&アルセーヌ/JOKER》を押し通す方向で考えて行こうと思います←

《主人公&アルセーヌ/JOKER》を押し通すには厄介すぎる《ナビゲーション役 双葉/NAVI》,《祐介&ゴエモン/FOX》を処理しなければなりません
そこで登場するのが《“総攻撃”竜司/SKULL》です
登場時に3ルックでCX引きに行くことが出来、対応で相手のキャラを1体バウンスし、自分のキャラ1体にショットを付与することが出来ます
また、発動タイミングがCXが置かれた時であるため2面対応で前列のキャラを2体戻せば《マギーのタロット占い》や《ジャックブラザーズ》も怖くありません、最高ですね

もし自分が組むなら確実に《ジャックブラザーズ》入りの回復耐久になるわけですが、これされたら詰みます
相手のターンにダメージ食らわないのがコンセプトなのにそれが崩壊したら勝てるわけがありません
そういうわけで、タイトルカップは黄軸ワンショットキルが一番いいと思います

登録タグ:

あなたはこのブログの 1548 番目の読者です。


テーマ:ヴァイスシュヴァルツ投稿日時:2016/12/20 00:17
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。