我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2014年
04月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
37 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ケルブ

これはいい!
もしかすると、ワルキュリアを化けさせるかもしれないカードです!

まず、基礎値の欠けていない+4/+4能力の時点で非常に優秀ですね!
ワルキュリアは装甲が薄目の勢力ですが、単純な能力込みのパーティー防御で言えば、迷宮守護隊パーティーのミノタウロス以上になります。
天鏡隊と組めばパーティー防御13なので、そうそう落ちません。

これまでワルキュリアは、セイクリッド・スフィアをいかに握り続けるかが勝負になる側面がありました。
そこにケルブが登場することにより、これまで序盤の「除外山充電中」にセイクリッド・スフィアを消費しなければならなかった場面で、ケルブを即時召喚し、さらに能力で除外山充電と言う動きが出来るようになります。
ワルキュリアの序盤は、とにかく守りつつ除外山を増やすことが重要ですので、黒槍隊がこのカードに成り代わる意味は非常に大きいです。
ワルキュリアの場合の守りは、とにかく相手の進軍を成功させないことですから、除外山を増やせる最高の肉壁です。

そして嬉しい手札コスト。
ワルキュリアを使った人ならわかると思いますが、セイクリッド・フォトンや魔神討伐隊ではなかなか除外山はたまりませんが、採魂隊やブリュンヒルドは確実に除外山を増やしてくれます。
そのような意味で、即時召喚可能で「戦闘をしたら確実に」除外山を増やすカードは待望でした。

また、ブリュンヒルドやフレイアの能力を気軽に強化出来るのも大きいです。
特にブリュンヒルドが後攻でもレベル4-6に当たるようになるのはかなりの強化です。
これまでもエポナを採用すれば同様の動きが出来ましたが、如何せんワルキュリアは4-4-8が基本ですし、何よりマスティマのコストにならないため採用しにくいポジションでした。
しかもケルブとなら、1戦闘確実に2枚の除外山を稼げるわけです。
ブリュンヒルド、ケルブパーティーは、特に6-2パーティーにとっては、かなり厄介な存在になるでしょう。

使うのが非常に楽しみなカードです!
デガ

登録タグ:

あなたはこのブログの 528 番目の読者です。


テーマ:今日のカード(モンコレ)投稿日時:2014/04/03 10:33
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。