我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2013年
02月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
34 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
神角獣アルビオン

名前の時点でガトーに振り回されるフラグが立ってますw

超絶イニシアチブを出してくる神獣の乙女の英雄。
先攻とって殴るだけというモンコレの精神が形になったようだ!←それガトーのセリフや!

先攻とって10点で殴るだけのユニットですが、それが強い。
殴りたくない相手にはユニコーン・ギャロップや少女霊鳥隊の能力で対処もできますね!
まあでも基本殴るだけですがw

わかりやすい強さのユニットで、かつこのユニットの強さは先日のブシ生をみての通りなので、今回は考えうる弱点を挙げていこうかと思います。

このユニットの強さは超絶イニシアチブを出せることにあるのですが、消耗は大きいです。
戦闘の度に3枚切ればそれはもちろん激しく消耗するのは当然です。
しかし相手がイニシアチブを持たないデックで、戦闘の度にチャージ+3持ち1枚破棄でかまわない場合でも、燃費はよろしくない。
一番燃費が良いコストがチャージ+3持ちをコストにすることである、というのがくせ者です。
基本的に先攻取られると負けなので、チャージ+2持ち1枚をコストにするのはあり得ない。
ではチャージ+2を2枚は、というと、チャージ+2持ちのユニット自体が恐らく少ない。
結果チャージ+3持ちをコストにするのが最も燃費が良いのですが、チャージ+3持ちのユニットはデックの生命線。
下手に戦闘突っ掛けられて何度もコストを払っていたら、アルビオンは守れても後続を出せず、結果戦線を維持できなくなります。
イニシアチブのないデックが相手でもこれなのですから、速いデックを相手にした場合どうなるかは推して知るべし。
しかも歩行なので、戦闘回数を抑えることも出来ません。
ブシ生で高橋Pが使用していたデックはかなりキレイに回っていたように見えるのですが、どれぐらいのユニット枚数を採用していたか気になるところです。

また、良い意味でも悪い意味でも基本パンチしか出来ない「大型」ユニットなので、パンチを止められると相手を全く倒せない。
冒頭に書いたガトーはもちろん、環境的にも相手を行動完了に出来る能力やスペルがかなり多いです。
上記のようなコストを払っている割には、このユニットが行動完了にされた時点で、相手パーティーを全滅させることはほぼ不可能になります。

今回は弱点ばかりを列挙したので弱く見えるかもしれませんが、一度場に出るとかなりのプレッシャーと制圧力があるはずですし、このユニットだけで盤面を押し返すこともこれからよく見かけるようになるかも?
また、ジーグルーデとのツートップですから、正面をアルビオンが抑え、脇からジーグルーデが攻める布陣はシンプルに強そうです。
正に神獣の乙女のツートップにふさわしいユニットだと思います。

登録タグ:

あなたはこのブログの 384 番目の読者です。


テーマ:今日のカード(モンコレ)投稿日時:2013/02/28 07:43
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。