2D振ってからのピンゾロ余裕でした^^

愛知に生息する元レンストプレーヤーによるモンコレ日記です

カレンダー
<<2012年
02月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最近のブログ

[2013年07月29日]
スターター発売(0)

[2013年05月13日]
アポ剣買ったった(0)

[2013年03月17日]
豊橋モンコレ(0)

[2013年03月14日]
水曜モンコレ(0)

[2013年03月10日]
新環境(0)

最新のコメント

[2013年02月19日]
ファラ夫(4)

[2012年12月30日]
今年は(2)

[2012年07月23日]
7月23日 ブランチ本山店 公認大会(2)

[2012年07月23日]
今日のカード(1)

[2012年07月11日]
今日のカード(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
ばなな
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
勝手にカードレビュー<紺碧海> 並・頻繁編

カードレビューもこれが最後です。並と頻繁を分けて書くのは面倒なので纏めて8枚ぐらいピックアップしようと思います。

・フォビアローカスト

パーティーに狂戦士装備者がいるとパワーアップする虫。豚と組み合わせるのも強いですが、狂戦士の首輪を装備しているボーンゴーレムの横に即時するだけでも良い働きをしてくれます。何枚もデックに投入できるのもいいですね。

本陣戦でモンブラン(俺たちの戦旗+狂戦士の剣装備)+オルクス狩猟兵+ローカスト×3とかいうパーティーが組めると相手はだいぶ嫌な顔をするんじゃないでしょうか。まぁウォータードラゴンとかスカディからのドゥームバイトはどうしようもないですけどw


・オーガの猛牛騎兵

普通タイミングで攻撃力の2倍のダメージを飛ばせるオーガ。ぶんなぐるの強化版みたいな感じですね。自前でイニシ+1を持ってますしアイテム枠とスペル:火枠をもっているのでだいぶやれる子のような気がするんですが、魔女と当たるとあっさりとやられてしまいそうです。

しかし相手次第では一方的な強さで攻めていけるカードだと思うので今後に期待したいです。


・フィジカルブースト

ブロック1にはヒートインフレーションというカードがありましたが、これはその強化版みたいです。無茶苦茶強いんですがブランニューだとあまり居場所がないカードかもしれません。ブロック1の火竜デックに仕込んでおくといい働きをしてくれそうです。

というかマッスルボディといいこれといい、キリンが強化されまくってますね・・・


・シークレットブライアー

個人的には前回(Gレギュ時代)から強化されたカードなんじゃないかと思ってます。その1つ目の点として挙げられるのは、能力が攻撃力依存になったおかげで、大きなサイズのユニットにも対抗できるようになったことです。これは逆にいえばブラックフォッグなどでダメージが軽減されてしまうということにもなりますのでその時の都合では困る場合もあるかもしれませんが大型に届くようになったという点は素直に評価できると思います。

もう一つ目は種族:プラントの追加です。ブライアーのおかげで水土風歌姫なんてデックがブロック1で組めるようになりました。俺も組んでみようかと今考えてます。ちなみにフレーバーテキストは相変わらずですねw


・スポアジャイアント

基本スペックだけ見ると凄いカードです。種族:プラントのシナジーもあるので歌姫デックでの採用もあるかもしれません。種族:ジャイアントのシナジーは今のところブランニューではないので今後に期待したいです。


・アンデッドインプ

ドラジェメタなのか装備品を相手からかっぱらえる能力を持ったデーモン。これがマテブレ抱えてドラジェパーティーに突っ込んでいくパズスデックとかナーガラジャデックとか楽しそうですね。まぁでも最近はドラジェに有利なデックが多いのでこんなことをするまでもなく勝てそうなもんですが・・・


・キルシュの獄史

なかなか面白い能力で、「対象が死亡しなかった場合」相手の手札から1枚無造作にハンデスできるいやらしいカードです。この「対象が死亡しなかった場合」というのが絶妙ですね。何にしろ能力を使われた側はユニットの能力で対抗できなかった場合ハンドを1枚取られてしまうということを強いられてしまいます。

しかしブロック1のダークエルフデックは安定して先攻が取れるようなデックではないので、相手に対してどこまでこのカードを使って「嫌だなぁ」と思わせれる状況を作ることができるかどうかがカギかもしれませんね。オープンみたいに呪文隊とかいう便利カードは無いのでw


・ゲパルト魔石

種族:魔法生物限定ではありますが、防御が+2され、全ての耐性をつけることができるという驚異の消耗品。ボーンゴーレムやダマスカスゴーレムが使うとかなり強そうですし、対抗が通ってしまえば大概死なないんじゃないかと思います。マテブレだって防げます。

現在の環境では粉塵の採用率が著しく低いことも相まって、このゲパルト魔石を採用した魔法生物デックがブロック1で流行する可能性がありそうですね。

とまぁこんな感じでしょうか。

紺碧海の女王に収録されたカードですぐさまブランニュー環境に影響を及ぼしそうなカードの収録はあまりありませんでしたが、今後の展開(ヴァローカの発売とか)では十分活躍できそうなカードが色々と収録されていたので期待ができそうです。




登録タグ: モンスター・コレクションTCG  レビュー 

あなたはこのブログの 324 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2012/02/22 22:51
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2012年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。