宮廷の第二鎧保管庫

ありとあらゆる種族の置き場。ここは第二鎧保管庫です。更新は気ままに、毒にも薬にもならないようなことを書きます。

カレンダー
<<2015年
01月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
マクロトライブ
25 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
今日のカード『伝説の桜の樹』と『猫の恩返し』の比較

 本日判明しましたカードは、青のイベント『伝説の桜の樹』。個人的には『猫の恩返し』と同等かそれ以上のぶっ壊れイベントかなと思ってます。

 その効果は、0コストで自分のプログレス1体のバトル相手は、そのターンの終わりかそのプログレスが1回攻撃し終えるまで、相手によってガードされなくなるというもの。色縛りもなんもありません。

 じゃあここで、『猫の恩返し』と比べてみましょう。

 まず、『猫の恩返し』
・1コスト
・相手のレベル4以下のプログレス1体を手札に戻す。
 この特徴から、
 ・ターンが返ってきたら、相手はそのプログレスゾーンにもう1度プログレスを置き直さなければならない。
 ・その代わり、そのプログレスゾーンに攻撃するプログレスは、バトル相手がいないためリンクができない。

 次に、『伝説の桜の樹』
・0コスト
・自分のプログレス1体のバトル相手を、そのターンの終わりかそのプログレスが1回攻撃し終えるまで、相手プレイヤーはガードできない。
 この特徴から、
 ・ターンが返ってくれば、そのまま行動できる。
 ・しかし、バトル相手は普通に居るため、攻撃時のリンクができ、『バトルに勝ったとき』能力も当然使える。

 以上の点から、妨害やブーストプログレスによる連続攻撃を行うなら『猫の恩返し』、決めの1手に使うなら『伝説の桜の樹』といったところでしょうか。
 現環境で猛威を振るっている赤Ωとか、他にもテオ&ロザリーとかなら『伝説の桜の樹』は強力なカードでしょう。0コストだから、エナジーはプログレス展開に全て振れるという事もポイント。
 テオ&ロザリーにはクルキアータとかいう仲間が来たし、ロザリー本人にも強化が来るので、環境入りしそうな感じですね。
 あと、『猫の恩返し』と違って、レベル5に対しても効くということがワンポイント。「自分のプログレスに能力を与える」という効果なので、6弾で出た居座りブーストにも効きますし、ちょくちょく目にする『真・覚醒 日向美海』に対してもノーガード強要できます。美海だけパワー11000だから、効き目抜群ですね。
 逆に、除去したところにブーストを立てて殴るというタイプの青Σとかのアウェイク系デッキは、従来通り『猫の恩返し』が良いのかも。
 しかし、自分を起こすタイプの青Σデッキだと『伝説の桜の樹』が優位かも。ちょっと面倒ですが書きましょうか。
 1発目に殴ってリンクが成功したらストライク2の攻撃を確実に受けさせられますが、起き上がってもう1度攻撃したときには、『伝説の桜の樹』の効果はその時点で切れてるわけです。しかしそこで、「パワーは14000(例えば『ひたむきな閃光 東条遥』、バトル相手のパワーは10000)で、『伝説の桜の樹』の効果は切れてるからガードを2枚切れば防げるけど、ストライク1の攻撃をわざわざガードするの?」と言います。相手はどんな顔をするでしょう。他に回したいですよね、たぶん。

 なんか記事が進むにつれてこのカードが完全にぶっ壊れだということの確信を……「さくら」だけにな!
 しかし、『猫の恩返し』には妨害という重要な役割がありますからね。完全にフェードアウトってことにはならなさそう。

 ともあれ、『伝説の桜の樹』は、環境入りするカードであるのは間違いなさそうです。

登録タグ:  

あなたはこのブログの 468 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2015/01/29 16:43
TCGカテゴリ: アンジュ・ヴィエルジュ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2015年01月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。