我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2014年
04月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
33 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ドラグーン・ドライヴ

シュート・アロー+エンタングル・・・弱いわけがない!

シュート・アローは先攻型スペルで最高クラスのコストパフォーマンスを誇る、超優良カードでした。
威力で言えばファラオ・カースやヘル・ブレイズに譲りますが、1枠、無属性2D、おまけに行動完了と言うのは、秘伝を含む他の1枠普通タイミングスペルとは一線を画するものがあります。
竜鳴の谷のイニシアチブ次第な部分はありますが、先攻デックにとってかなり心強い効果です。

一方のエンタングルは、言うまでもなく、ブロック1のレジストの系譜。
ブロック3以降攻撃中心のデックが増え、アイテムデックも台頭してきたことにより、以前ほど絶対的な防御スペルと言う感覚は若干薄れました。
しかし、それでもやはり優秀なスペルであることは変わりません。

エンタングルは、優秀なカードではありますが、相手次第では完全に腐ることもあり得るカードです。
しかしこのカードは、竜鳴の谷構築をする限りにおいて、腐らなくなります。
カード自体が腐りうると言うのはエンタングル最大の弱点ですから、非常にいいデザインですね。
この手の「腐らない強さ」は、すでにリザードマンも証明しています。

ところで、竜鳴の谷は風枠がある勢力のようですね。
緑の風の王国も、レジェンドでは風枠を持っていたので、今回の緑の風の王国にも風枠があるかもしれません。
最も、シュート・アロー効果が使えないのであれば、ドラグーン・ドライヴよりもエンタングルのほうが使いやすいですが。

非常にいいデザインのカードでした。

登録タグ:

あなたはこのブログの 399 番目の読者です。


テーマ:今日のカード(モンコレ)投稿日時:2014/04/27 00:28
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。