FE0メモ

自分の使っているデッキメモ等

カレンダー
<<2017年
11月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
フィル
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
セリス君は大忙し (黄単セリス)[rev 003]
更新日TCGタイトルデッキ名
2017/11/07 TCGファイアーエムブレム0 セリス君は大忙し (黄単セリス)[rev 003]
セリス君は大忙し (黄単セリス)[rev 003]
シンボル カード名称 枚数
メインのシンボル 聖戦旗(黄) 

セリス主人公デッキ。
10弾のカードを加えて調整を行った。


変更点
変更点は下記となる
・追加
《魔法戦士の血筋 アーサー》 0 → 1
《暗黒を宿す皇子 ユリウス》 0 → 1
《ブレイブ・プリンセス ナンナ》 0 → 1
《蒼き天空の勇者 ディーン(ユグドラル)》 0 → 4

・減少
《光の神の末裔 ユリア》 4 → 3
《光の戦士の末裔 シグルド》 1 → 0
《恵愛の聖姫 ラナ》 4 → 3
《レッスン・インザスカイ シェイド》 4 → 0


変更理由
《恵愛の聖姫 ラナ》 4 → 3
《魔法戦士の血筋 アーサー》 0 → 1
 ラナが結構絆に置くだけとなることが多いので1枚入れ替えて『フリージの血』で手札交換を図れるようにしてみた

《光の神の末裔 ユリア》 4 → 3
《暗黒を宿す皇子 ユリウス》 0 → 1
 10弾環境となって"X色の絆N枚以上ある場合"というスキルを持つユニットが増え、『暗黒魔法ロプトウス』の有用性が増した。
 《光の神の末裔 ユリア》の『光魔法ナーガ』を発動させないために回避したくなる攻撃より有効と判断し1枚入れ替え。

《光の戦士の末裔 シグルド》 1 → 0
《ブレイブ・プリンセス ナンナ》 0 → 1
 元々、《光の戦士の末裔 シグルド》は
 ・《グランベルの英雄 シグルド》を運用のメインと考えていた
 ・セリスの『最後の聖戦』とシグルドの『聖剣 ティルフィング』が余り相性がよくなかった。
 という状態にあった。

 《ブレイブ・プリンセス ナンナ》は『獅子の血脈』『闇裂く勇姫』の二つのスキルがこのデッキにはありがたく、
 ・『獅子の血脈』で増やした裏絆を後で『光の印』で表に
 ・『獅子の血脈』で増やした裏絆を『最後の聖戦』で回収。
 ・『闇裂く勇姫』で絆のセリス回収からの『最後の聖戦』
 ・『闇裂く勇姫』で絆のユリウス回収からの次ターン『暗黒魔法ロプトウス』
 等…
 できる事の幅を広げることができる。
 ただ、支援値30のカードが絆に置かれやすいデッキ構成な為、1枚のみ採用

《蒼き天空の勇者 ディーン(ユグドラル)》 0 → 4
《レッスン・インザスカイ シェイド》 4 → 0
 《レッスン・インザスカイ シェイド》の『大空からのご褒美』が緊急時用なのは過去の記事の通り。このシェイドの問題としてBSを持っていない為、絆に非常に置きづらかった。

 《蒼き天空の勇者 ディーン(ユグドラル)》 は
 ・BS『ダインの書』を持っているため絆に置きやすい
 ・『託されしドラゴンランス』で弓以外に対して壁になれる。
 ので、4枚入れ替え



下記大会で全勝しました。
・マスターズスクウェアの店舗予選2017秋(2017/11/05)

登録タグ: FE0  デッキレシピ 

あなたはこのブログの 336 番目の読者です。


テーマ:デッキレシピ投稿日時:2017/11/07 15:20
TCGカテゴリ: TCGファイアーエムブレム0  
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。