捲り捲られ徒然に。

カレンダー
<<2016年
12月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ほぐし水
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
【WS】狂乱のばよばよえん。と祝辞。

ペルソナ記事を連投してからの唐突な話題変更。優勝者本人からの報告でわかったのですが、WGP札幌地区艦これタイカプの決勝卓が2人とも私の友人でした。今更ながら優勝、準優勝おめでとう



さて、今回は実際に私がショップ回りで使っているデッキを紹介したいと思います


今まではタイトル紹介として盛りに盛ったキズナ、結局実物を手にする事なく終わったサンシャイン、と変なレシピしか載せていないような気がした為ですね




さて、先ずはレシピからどうぞ


【4cぷよぷよ】

L3
“ばよえ〜ん”アルル ×4
フェーリ ×3
ばっちぐー! アミティ ×2

L2
ウ・ン・メ・イ フェーリ ×3
彗星の魔導師 レムレス ×1
プリンプ魔導学校の生徒 アミティ ×1
気まぐれ カーバンクル ×1

L1
“ばよえ〜ん”アミティ ×4
恋するオトメ フェーリ ×3
キキーモラ ×2

L0
プリンプ魔導学校の生徒 シグ ×3
すずらん中学校の生徒 りんご ×3
謎に夢中♪ りんご ×3
甘いモノ好き レムレス ×2
“ばたんきゅー”アミティ ×2
“ヘンタイ”シェゾ ×2
カーバンクル ×2
あかパプリス ×1

CX
ばよえ〜ん(赤) ×4
ウンメイにさからうつもり? ×4



微調整に微調整を重ねた結果故の配分なので、人によって採用枚数が上下したり、不要に感じるカードがあるかもしれませんが、そのまま採用理由説明に移りたいと思います


・レベル0

「プリンプ魔導学校の生徒 シグ」はこのデッキにおける山削り、リソース担当です。黄色に山を触れる「空回り気味!?ドラコケンタウロス」がありますが、構築上後列を2枚用意するだけでも難しいシーンがあり、採用を見送りました

「甘いモノ好き レムレス」は殆どの場合単なるコンソールとして使う事になりますが、タイトルの性質上苦手なストック&ハンド処理能力が魅力的ですね。「あかパプリス」と合わせて、縁の下の力持ち的な存在です


「すずらん中学校の生徒 りんご 、「謎に夢中♪ りんご」は0帯のベースとしての採用。オカ研のサーチ対象はほぼ「“ばよえ〜ん”アミティ」固定ですが、場合により各種0帯システムへと切り替え使用する事もあります


「“ばたんきゅー”アミティ」は各種相殺を踏みにいけるアタッカーとして、また早出し達成+色発生要員としての採用です。早出しに関しては正直する理由がほぼ無いので最低枚数まで絞りました


「“ヘンタイ”シェゾ」と「カーバンクル」は主に3帯までの黄色発生に使います。シェゾは序盤に、カーバンクルは終盤に、更には腐りにくいレベル0、と役割がはっきりしているので入れられる分だけ採用です


・レベル1

基本的には先上がりからの「“ばよえ〜ん”アミティ」3面を目指します。先上がり出来ない場合でも、対応さえ握れているならサイドからでも回収テキストが使える、というのが兎に角強く、このデッキで一番辛い時間帯ながら胡散臭い(×クソゲー)ゲームメイクが出来ます

「恋するオトメ フェーリ」は単純に盤面の補強と、緑色発生に。「キキーモラ」は1巡目の事故ケアから胡散臭いゲームメイク()まで活躍する、ぷよぷよならではのカード故採用しました


レベル2

羽川と比較するとサイズ的に弱く見える「ウ・ン・メ・イ フェーリ」は単純にレベル3までの繋ぎとして機能します。羽川と違い純粋にストックが2枚浮く上、条件こそありますが早出しを使用した際のパワーもそこそこ高く、何より「早出ししなくても勝てればいい」、と見切りをつけられるのは大きいと考えています


後列として「彗星の魔導師 レムレス」、「気まぐれ カーバンクル」を採用しています。基本的には2帯からレムレスで各種レベル3や対応CX、助太刀である「プリンプ魔導学校の生徒 アミティ」を拾っていき、カーバンクルは各種レベル3に添えてやる形で使います。此方の詰めが強い分、カウンターイベント等には十分に気を付けたいですね


・レベル3

「“ばよえ〜ん”アルル」がフル積みなのは私が右手力のない弱者故。対応CXが+2なのは各色の必要性、置く順番を見た場合1番優先度が低い黄色にする理由が無く、アミティでのシナジーをフルに使った上で「過剰ソウルからショットを誘発させる」という1番強力な動きが可能だからです

アルルではCXを探せない為、レベル3からはクロックや「ばっちぐー! アミティ」を視野になるべく手早く〆ていきたいですね


青発生が最低限レベルなのに「キキーモラ」が入っている理由は、まあ、察してください



改めて、来年からは参加するショップ大会を今以上に増やすことにしました。大会という空気自体苦手な部分もあるのですが、来年もWSというゲームを楽しめたらな、と思います



読んでいただきありがとうございました

登録タグ:

あなたはこのブログの 694 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2016/12/20 21:45
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。