BCMさんのブログ

カレンダー
<<2018年
01月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
BCM
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
バンドリ8電源
更新日TCGタイトルデッキ名
2018/01/25 ヴァイスシュヴァルツ バンドリ8電源
バンドリ8電源
カード名称枚数
  
デッキタイプ ビートダウン 
使用タイトル BanG Dream! 
チャート

今更ですがバンドリの8電源を。
電源ってのは赤のCXトリガーアイコンのスタンバイのことです。
レスト状態とはいえ、ノーコストで+1レベルのキャラを控室から登場させる効果は強力です。
現状では安定するCXシナジーは見当たらないような気がしていますが、どうせそのうち出てくると思っています。
今回はシナジーなしの電源CX8枚のデッキを組んでみました。

電源を中心にした構築で気を付けるのは、電源を使って何を出したいかを、各LVで決めることです。
手札に電源があったら(盤面がそろっている場合を除き)毎回打ちたいですよね。でも、折角打っても出すカードがチップ効果(手札から出して発動する効果)が強いものだったら意味がありません。ですから、ただいるだけで強いカードを選びたいところです。
このデッキでの各LVごとのコンセプトは以下の通りです。

LV0
電源の対象は興味なさげなたえです。ポピパのTD+にいた1/1/8000ですね。このデッキが集中枠に自己紹介 香澄を採用している理由の1つです。まず相手がLV0の状態で8000を踏むのはほぼ不可能ですし、LV1になってもツライところでしょう。自己紹介 香澄がいなくてもLV0は大丈夫だと思います。LV1に上がる前には揃えたいところですね。

LV1
ここの対象は"双子の苦悩"氷川紗夜を採用しました。2/2/6500で1000ガウル、と聞くと微妙かもしれませんが、これがLV1から出てくるとなると話が変わります。単体で往復10500の手札アンコール持ちは中々面倒です。割れないことはないですが、単体ノーコストでは恐らく厳しいでしょう。LV2なので相手のサイドを抑制できるのも魅力です。また、電源は打ってもソウルが増えないため、自身でソウル2を持っていることも評価できます。
もう1つ、おまけとして"ステージ"市ヶ谷有咲も対象として考えてもいいでしょう。フロントアタックされると手札から水着の有咲を防御キャラとして出すことができます。盤面が埋まっていれば単体で11000出るので、LV2の状態でも活躍できるカードです。リフレクトもついていますが、気軽に打てるわけではないのでおまけ程度に考えておきましょう。

LV2
ここでは各LV3のカードどれを出してもいいですが、最優先は市ヶ谷有咲だと思います。他全てのキャラに1500パンプする効果しか使えませんが、十分強力です。興味なさげなたえなら9500、"双子の苦悩"氷川紗夜なら12000までパワーが上がります。2枚目が出てきたら、普通のパワーラインではもう手が付けられません(ただし、自己紹介 香澄を張り替えたら興味なさげなたえのパワーが下がるので注意です)。下手なLV3のラインよりも高いですね。これで今まで制圧してきた盤面をさらに強固なものにしましょう。
他のLV3カードは状況に応じて、ということになります。水着の有咲ならリフレクトがあるのでダメージレースでこちらが圧勝している時、満月の下で 香澄&りみなら移動があるので相手の盤面がこちらを上回りそうな時、などです。パワーはどちらもほぼ同じです。厳密には満月の下で 香澄&りみの方が常時11000出せますが、水着の有咲は1つでも盤面が空くとパワーが下がります。ただし、どちらも貴重な回復キャラであることをお忘れなく。自己紹介 香澄など、控え回収のカードはいくつかあるので、回収して回復した方が強い時もあります。単純な壁なら"双子の苦悩"氷川紗夜でもいいかもしれませんね。

LV3
何出してもいいですが、レストで出てくることをお忘れなく。軽く前述しましたが、自己紹介 香澄があればCXを切って回収できるので、それで回復した方が強いかもしれません。また、市ヶ谷有咲はチップで相手の山を逆圧縮できます。LV3になると腐る場合が多いため、自己紹介 香澄"最初のお客さん"戸山香澄などでキャラに変えてしまうのも手です。

いかがでしたでしょうか。LV2まで高いパワーラインで相手を圧倒するイメージができたらうれしいです。実際、決まってしまえば盤面がそのまま帰ってくることもよくあります。
当然、このデッキには重要な欠点があります。おそらくレシピ見た時点でお気づきとは思いますが・・・
それは詰め能力が皆無であることです。リフレクトや逆圧縮は決め手になりませんので、盤面は取れても負けることはよくあります。特にリバース要求がないバーンやショットには弱いですね・・・。
ですので、自分の山の管理は最大限の注意を払いましょう。バンドリは山を削るのが得意ではない気がしてまして、その割には削れるカードをたくさん採用していますが、それでもツライ時にリフレッシュへ持っていけない状態です。それについては今後の課題にさせてくださいm(__)m
また、応援系のカードがLV3の市ヶ谷有咲しかいない点も注意です。電源で出すカードは基本後列に置きます。アタックできないので当たり前ですね。2パン以下しかできないときは別ですが。自己紹介 香澄を後列に置くのはほぼ確定なので、そうなると応援を置く枠がなくなります。そのためこのデッキでは応援を採用していません。が、興味なさげなたえ"双子の苦悩"氷川紗夜も単体(厳密には興味なさげなたえは違いますが)で高パワーが往復で出せるため、少なくとも行きで割る分には問題ないと思います。返しは相手次第では踏まれてしまいますが、その対策として助太刀をたくさん採用しています。それで凌げなければアンコールです。両方とも高パワーのくせに手札アンコールがついてます。加えて、大体何かしら割られずに盤面が戻ってくるこのデッキでは手札枚数もゆとりがあります。相手が頑張って踏んできたら適当なカードを切って戻してあげましょう。
また、電源の良いところは登場コストのかかるカードをノーコストで出せるところにあります。でもそれは裏を返せば、電源できなかったらコストがかかってしまうということです。このデッキにはコストのかかるカードが多く採用されているため、電源が置けないorトリガーしないとコストがきついかもしれません。気になる人は1/0のカードを多めに採用することをお勧めします。
とりあえずこんな感じが大きなデッキコンセプトになります。また今度、今度はそのわき役を採用した経緯について書ければと思います。
ここまで読んでいただきありがとうございました。よろしければ、色々とご助言を頂ければ幸いです。

登録タグ:

あなたはこのブログの 2041 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2018/01/25 14:15
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2018年01月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。