やっすんさんのブログ

意見交流の場になれば良いなと思っています。
こんな意見もあるんだな程度で流すのが当然だと思います。
できれば、アドバイス欲しかったりします。

カレンダー
<<2014年
02月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ

[2015年03月30日]
musuk0さん

デックレシピ【ダゴンネス】(0)

[2014年07月17日]
流青さん

岡山大会(0)

[2014年07月14日]
musuk0さん

ダゴンネスver.4(0)

[2014年06月19日]
ブブさん

ミノを上位から叩き落とせ!(0)

[2014年05月27日]
流青さん

基礎値を考える(防御力編)(0)

[2014年05月13日]
ブブさん

ラブライブ、今日のカードより(0)

[2014年05月06日]
ブブさん

モンコレ10倍交流会のレポート(2)

[2014年05月03日]
流青さん

吸血姫メリジェーヌ(0)

[2014年05月03日]
流青さん

竜鳴の騎士アルドランス(0)

[2014年05月03日]
流青さん

ああ、女神様。。。(0)

ユーザー情報
やっすん
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
今日のカード:セイクリッド・フォトン

来た!ついに来た!レジェンド無しでも戦えるかもしれん!ヒャッハー!

秘伝カードですね。エンジェルもしっかり種族に入っているのでマスティマさんも使えます。効果は普通タイミング【閃光:2D】打点&このカードの除外と普通対抗【閃光:自軍のゲームから除外したカードの枚数】。
レジェンドのユニットが関与しなければデックの全カードが除外できないため、現状マスティマでは除外カードはユニットの総数にマスティマ本体を引いた値に成っていました。
アスタロトの能力を一回でも使えば、ユニットの総数からアスタロトとコストのユニット2枚とマスティマを除いた枚数が最大打点であり、一回の能力対抗で本陣を落とせるとは言い難いので運用は困難だと思っていたんですが、このカードを普通タイミングに使えばユニットの総数以外で最大3枚を稼ぐことが出来ます。
アスタロトの能力である死の旋風やこのカードのセイクリッド・ブラストを使用するなら相手のデックの防御力によって、当然必要最低限の除外枚数は確保しなければいけません。
最悪の場合、10枚強除外しなければならない以上、ユニットだけしか除外できないブロック構築の黄昏のワルキュリアには難しいところがあります。戦線を保つのにどれだけのユニットを場に並べる必要があるのかも疑問ですから。
ましてや、アスタロトの基準は満たせたけど能力が打てないなんてことになっては、聖属性なら2D打点に頼るしかなくなります。聖属性だと起点になる厄介な能力や打点が無いと戦闘が難しいと思うのは私だけでは無いはず…。
…私だけじゃないですよね?
ブロック構築なら現状、相手のデックに対応できる除外枚数に至るまでの間のアスタロトの温存とマスティマの戦線維持が主軸に成ると思います。マスティマが戦線維持は可能かもしれませんが、除外枚数は下手をするとユニット不足でできないなんてこともありますから、このスペルがあって良かったですね。
一番いいのはマスティマが防御力7以上に普通タイミングに使って、適応させること。除外後打点なら打ち損じがないのですが適応しないと除外してくれませんから。

さんざん、ブロック構築の話をしましたがここから勢力構築の話。
勢力構築の主軸はフレイアとブリュンヒルド両者ともコストに指定はなく、手札のカードなら何を除外しても良い。
アイテムを運用する以上、相手のデックによっては要らないアイテム。スペルでは相手のデックには効果が薄いと思われるスペル。ユニットではかぶってしまった英雄や刺さらない効果を持つユニットがコストに成ります。
この除外コストが打点として機能するのがアスタロトの強みだったんですが、これをフレイアとブリュンヒルドが関与して居るパーティからでも打てるようになる。
優秀かつ高打点が見込めるのは恐らくこっちでしょう。
除外カードをためるというのが比較的容易なうえに、元々が無属性10点を叩きだすパーティからの駄目押しとしての使い方が想定されてますから。
ファラオのファラオカースと一緒で、除外カードの枚数が防げないランクなら打つ手なしですね。
打たれたらどうしようかというプレッシャーでも充分。
しかも、通用する打点まで抱えていてもフレイアもブリュンヒルドも困らないでしょう。

えげつない追加ですね。秘伝の価値も充分にあります。
まぁ、秘伝の理由は恐らくブシオープンでのアバドンやゴットドンでしょうが。

登録タグ:

あなたはこのブログの 392 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2014/02/20 11:47
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。