命の安いブログ

モンコレメイン。デュエマ、ヴァンガちょこちょこのブログです。
シンプルに殴るデッキが大好きな人が書いています。

カレンダー
<<2013年
07月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2014年05月28日]
<MC>欲深き偽帝オルクス(2)

[2014年04月28日]
<MC>心霊現象(1)

[2014年03月19日]
<MC>サンダーソニア(1)

[2014年03月04日]
<MC>屍竜カリオストス(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
ハクト
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
<MC>奈落の魔女フルーレティ&アビス・ケルベロス

ディアボロはブースターから本気出す勢力とは言われていましたが、マジでした。 

フルーレティは奈落に足りなかった物をまとめたユニット。
無条件のレベル2マルチ。レベル2の地形変更。即時の地形変更。
飛行の召喚サポート。6・2がこの手の効果を一番生かせますね。
というか、ディアボロに召喚能力はかなりヤバいレベル。
煉獄門の連続展開から、本陣斜め前にパーティをあっさりと整える事が出来、強制配置を差し込んでも奈落のまま。
飛行で優秀なレベル6であるアビス・ドラゴンとマルコキアスの価値が大きく上がりました。
フルーレティ+マルコキアス+アビス・ハウンドが本陣攻めのパーティになりそうです。
イニシ+4、11点パンチの5枠。奇襲性を持ちながらこれだけの事が出来れば十分。
というかベストパーティだと、氷結や神獣の劣化なので盤面で勝負せざる得ないのですが。


ケルベロスは、ディープ・ダイバーの修正版。
レベル2のお供がつくだけだと、4点と3〜8点。
*枠一つ分の価値はありそうですが、あっちは結構簡単に6点まで行けるのに対し、ケルベロスは5割の壁を越える必要があります。
秘伝のスペックはディアボロの方が上だと思いますし、一枠で撃てるのですが、デックのスタイル、と言うか連獄門の使い方として飛行していないのが結構マイナスになります。
弱くはないのですが。

登録タグ:

あなたはこのブログの 406 番目の読者です。


テーマ:今日のカード投稿日時:2013/07/29 11:37
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。