我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2013年
11月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
34 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
オシリスさん「オズボーちゃんかわいいから許す!」
更新日TCGタイトルデッキ名
2013/11/17 モンスター・コレクションTCG オシリスさん「オズボーちゃんかわいいから許す!」
オシリスさん「オズボーちゃんかわいいから許す!」
カード名称 カード種別 属性/種類 枚数
メインの属性  
デックタイプ バランスデック 
チャート

オシリスさん、今度はオズボーちゃんにメロメロ。
でもなかなか振り向いて貰えないので、その愛を証明するため、遂に対策スペルとアイテムをほぼ全て投げ捨ててしまいました!

仙台大会の使用デック。
いつも通り、大会レポとあわせて。

見ての通り、アイテムメタを投げ捨て、徹底的にスペルをメタった「ミノなんておらんかったんや!」構築。
アイテムメタガン無視とは言え、鳥男はドゥーム・バイトdualと赤角でどーにかなる。
実質倒しきれないのはミノとドワーフぐらいです。
(夢魔は嫌な相手だけど、現環境だとシャイニング・シールドが入らないので、いくぶん楽)

シャドウ・バインドやサンド・カーテンなどの対抗スペルは思い切って外し、ただただひたすらダメージ対抗や能力で相手を倒しまくる構築。
中途半端にフリーズ・ブリーズなんかの他色スペルも入れていないので、比較的回しやすいです。

現環境はヴェノム・ストライク4点だとお話にならないので、安定して6点出せるよう4、2、2構築。
ネフティスが入っていないのも、この影響で4レベルアヌビスが少なくなったから。

アイテム枠持ちのアヌビスを多目に入れているので、烙印魔導師が活躍しやすいです。
烙印魔導師は攻めではなく守りのユニットなのですが、いい感じに相手の有効対抗を奪ってくれます。
ブロック2の弱点である基礎値の低さを補ってくれるのも忘れてはならないですね。

当然ながら歌姫をメタってこの構築になったわけなので、それについても少し。
まず、対夢魔でナイトメアをひたすら削るのと同じく、ひたすら歌姫を削るように構築しています。
後攻時はひたすら重対抗。
先攻時はブラディマリーやソウル・スティール、最悪ヴァンパイア・バットから歌姫に普通タイミング始動。
あとは対抗連鎖で相手を倒しきるのみ。
まあ、対上級者だと、この対抗合戦に乗ってこないこともしばしばですが。
ナイトメアと異なり「私が死んでも代わりがいるから」と綾波さんのようなこと言って死んでいきます(^^;
アッサムはウィーク・ポイントとスクロールだけ握ってれば大体どうにでもなります。

んで、実際にはどーなったかと言うわけで大会レポ。

今回も前回の仙台大会同様BURGERさん、グリさん、アルミさん、モリゾノさん、うおックさん、うもんさんのメンバーで遠征。
みなさん、特に車の運転をしてくださったBURGERさんとモリゾノさん、ありがとうございましたm(__)m

道中もモンコレの話題で持ちきり。
特に現環境の揺るがぬ1強、ゴルディアスが話題を独占!
結果、闇のゴルディアス将軍「金角」「銀角」を擁する闇のゴルディアスが最強と言う結論に至りました。
振るダイスが-1個はやはり強い!(突っ込んだら負け)

そんなカオスな道中で時間もあっという間に過ぎ、気づけば仙台。

参加45人。
スイスドロー4回戦。

1戦目。
相手は夢魔。
相手は悪いが、こちらも初手オシリス。
しかし、本陣レベル6しか埋めきれず。
回してもユニット引かず。
そのまま自軍2で同時攻撃。
うん。これは無理。
本陣陥落負け。
手札をもっと思いきって回すべきでした。

2戦目。
相手はブロック1ドラゴン。
こちら攻め続けるも、展開力で相手優位。
暗黒騎士即時召喚でゲオルギウス単騎の相手本陣を攻めるも、シルヴィアを即時召喚され、返り討ち。
レジスト強い(--;)
その後戦況は進んで、盤面はお互い相手本陣リーチで、こちらのターン。
こちらは相手本陣前にオシリス。
本陣に近衛騎士と死神騎士。
相手はこちら本陣横にヴァーミリオン・ドレイクパーティー、相手本陣カリギュラ。
本陣横を落とせばほぼ勝ち確。
と言うわけで、本陣横に進軍するも返り討ち。
そう言えばブロック1のヴァーミリオン・ドレイク防御5だった(--;)(ユニット2体でヴェノム・ストライク通らず)
仕方ないのでそのまま相手本陣進軍。
なんとか対抗勝ちして、本陣陥落勝ち。

3戦目。
正面にはアイドルなんちゃらとか言うゲームのみなせなにがしさんのTシャツを着た人。。。
私、こんな人知らない。。。



と言うお決まりのネタは置いておいて、相手はいつも動画でお馴染み、今回の遠征の発案者でもあるBURGERさん。
いつもお世話になってますm(__)m

相手はリザードマン。
お互いの手の内は大体把握しての勝負。
と言うか、このデック自体BURGERさんにも調整手伝ってもらっていますm(__)m

こちらなかなかオシリス引けず、ゴールデン・シザーズとヴァンパイア・バットで迂回、相手本陣リーチ。
相手カットしにくる。
こちら先攻。
普通タイミングソウル・スティール。
対抗で手裏剣。
更にソウル・スティールを使ったら更に手裏剣。
こちら全滅するも、むしろ相手の方が手痛い展開。
他の負け戦闘でドラゴン・スケイルも1枚もらい、最後の手裏剣も英雄点で落ちる。
盤面は互角だが、流れは完全にこちら。
手札対抗数で負けそうな場面もあったが、上記の削りが効いてオシリスが無双。
本陣陥落勝ち。

4戦目。
相手は深海。
相手初手リリス、ディープ・ダイバー。
対してこちらユニット微妙。
すぐにオシリス引くが、その頃にはリリスに本陣ロックされた状態。
オシリス本陣から出れずにいる間に囲まれ、オシリスが前へ出ても対抗負け。
いいとこなしで本陣陥落負け。
もう少し早い段階で、無理にでもオシリスを本陣から出すべきでした。

と言うわけで、結果は2勝2敗。
まだまだです。

しかし一緒に遠征し、動画でもお世話になっているグリさんが決勝トーナメントへ!
準決勝でサドンデスまでもつれる激戦を制し、決勝で私と一回戦で当たった夢魔を倒して見事優勝!
一緒でモンコレやっている仲間が勝つのはやはり嬉しいですね!
グリさん、あらためておめでとうございます!

みんなで牛タン食べ、モンコレ(ゴルディアス)の話題に花を咲かせつつ帰京。
Gさんの証言「寝る前にゴルディアスの話をしていたのに、起きてもゴルディアスの話をしていた。わけがわからない」
みなさん、ありがとうございました!





私「ところで私、グリさんと当たったら負ける気しなかったんだけどw」
グリさん「いやそのデック、マジ無理だから!何その嫌がらせのようなデック・・・」
私「いや、こうするようにアドバイスくれたのグリさんじゃんw」

登録タグ:

あなたはこのブログの 515 番目の読者です。


テーマ:今日のカード(モンコレ)投稿日時:2013/11/24 10:09
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。