我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2014年
01月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
37 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
魔力の泉

エラッタ出ましたね。
エラッタ出る前はディスアド効果で、大体1戦で3回ぐらい手札1枚破棄していたので、このエラッタは見た目以上に大きいです。
まあ、レジェンド構築だと相手の山札を枯らせるタイプのデックがほぼない(手札コストの能力持ちユニットが多すぎる)ので、言うほど大きくないと言う見方も出来るのですが。

そこで1つ気になるのが、ブロック5についに護法陣が収録されなかったことです。
その分ブロック4以降、ドロー効果がかなり増加しています。

現状ブロック5、6構築には護法陣がない可能性があります。
つまり、ブロック6以降護法陣がなくなり、魔力の泉が手札上限増加の手段になりうると言うことです。
エラッタ前はディスアドが大きかったのでこの可能性は低いと思っていたのですが、この効果ならありそうです。

最近の傾向として、1つのデック構築に必要なカードの種類が減らし、限られたカードプールを有効活用しようとしているのが見てとれます。
その最たる例が枚数制限解除の増加でしょう。
勢力構築の登場で過去ブロックのカードも強化するようになったこと(つまり、各ブースターに収録される勢力が増えたこと)もこの傾向を後押ししているように思います。
そしてこの傾向に従うならば、カードプールを6枚も消費する護法陣より、カードプール1枚の消費で済む魔力の泉の方があっています。

魔力の泉は手札上限増加の安定感から、基本的に護法陣の上位互換です。
護法陣の方が優れている点としては手札上限を8枚以上に出来うることですが、護法陣を2ヶ所以上支配し続ける難しさを思えば、魔力の泉を支配してドロー効果を使用するのと実はそれほど大差ありません。

ブロック4以降、護法陣の入らないデックもかなり増えているなか、護法陣にカードプールを割くかはやはり疑問ですし、実際それはもったいないと思います。
かと言って、ブロック5のように手札上限ブーストがないのも少し寂しい気がします。
他のTCGユーザーにもわかりやすいと言う意味では、ドロー効果のみにすると言うのもわからなくはないですが、そのためにモンコレ特有のものを潰しては本末転倒です。
個人的には魔力の泉が今後も収録されることに期待します。

登録タグ:

あなたはこのブログの 380 番目の読者です。


テーマ:偏ったカードレビュー投稿日時:2014/01/13 10:24
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年01月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。