我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2012年
12月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
37 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
非生物にまで浮気するオシリスさん
更新日TCGタイトルデッキ名
2012/12/14 モンスター・コレクションTCG 非生物にまで浮気するオシリスさん
非生物にまで浮気するオシリスさん
カード名称 カード種別 属性/種類 枚数
メインの属性   
デックタイプ スペルデック 
チャート

決勝前日大会使用デック。
今回も大会レポと一緒に。

まずこのデックで前日大会に出た経緯。

今度こそアヌビス(タッチインセクト)で行くぜ!

あれ?シャドウ・バインドとサンド・カーテン3枚ずつぐらいでは夢魔止まらなくね?

火属性最高!時代はレッド・ホーン様や!灼熱のガントレットも入れてまえ!!

流石にそれは重すぎるよ・・・というアドバイスを数度に渡りいただく

インセクトなんていなかった!

ちなみにアドバイスをいただいたのが大会約1週間前。
インセクトなんていなかったとやっと割りきれたのが大会前日だったというw
デックについてのアドバイスをくださったみなさん、ありがとうございましたm(__)m
こちらのデックで出て正解だったと思っています。
もやしさんのようにインセクト入りデックを安定して回す腕はまだ私にはなかった、と。

で、デック解説。
とりあえず気になるであろう灼熱のガントレットについて。
まず、この火枠により対抗数が増えることはほとんどありません!
ただ、手札が腐りにくく、回しやすくなります。
実はデックを回しやすくするエッセンスだったわけです。
要は私がデックを回しきれていなかったがためにたどりついた答えだったわけですね。
ただ火枠は、以前も触れましたが、夢魔をメタりやすい。
パズス、またはレッド・ホーンがバック・ドラフトもしくはホーリー・ブレイズを撃ち込んだ状態での最終対抗として、オシリスか死神騎士がシャッターdualで無属性3Dと言うと、夢魔はそれを非常に避けにくい。
夢魔側が最後に魔枠を残していた場合は、ドリーム・ローションでの回避はほぼ不可能。
また、*枠を残した場合でも使用者の防御が6(オシリスの場合は、さらにパンプ可)なので、アイテム枠を使い果たしている場合、有効そうなのはダークネス・イリュージョンぐらい。
他はダイス的に辛い。
もちろんそれをさせないためにシャッターを最終対抗とします。
要は潜在的対抗数ではなく有効対抗数で勝てれば勝てるという考えですね。
あと、防御が上がるのは、ダイス依存度の高い氷結晶あたりにも非常に有効ですね。

もちろんデメリットもあって、デビル・ロータスがdualでうてなくなり、仕事をしにくくなります。
あと夢魔メタについては、遅い夢魔のパーティーを上手く相手に作らせる自信があるなら、灼熱のガントレットよりももやしさんのように黄金のタワー・シールドを入れた方が有効だとは私も思います。
つまりガントレットについて一言で説明すると、私の実力不足を補うためのカードだったわけです(^^;

で、大会本番。

1戦目。
相手はチーム池袋のものさん。
使用デックは氷結晶。
相手プレイヤーは強豪ですが、デック相性的に落としてはならない。
こちら初手オシリス・パズス。
容赦なく攻め相手本陣リーチ。
次ターン相手に攻められ、オシリスパンプで相手対抗を避ける際に誤ってパズスのコストを切るプレミ。
案の定、パズスのダイス目がへぼる。
その場はなんとか耐えるものの、続く相手本陣戦でパズスコスト切れずにブリザード・アウルに2振って対抗負け。
こちら全滅。
ここで形勢逆転。
その後は攻めきれず、最後はこちらが先に山札が切れ、本陣陥落負け。

1戦目から手痛い1敗。

2戦目。
相手はアヌビス。
ミラー。
相手魔女の棲む森やプレーグ・アウル、ソムナ・パンプキンでダメージブースト。
しかしダメージブーストで美味しいのはこちらも同じ。
オシリスとレッド・ホーンのパーティーが洒落にならない強さに。。。
オシリス、レッド・ホーンが暴れて本陣陥落勝ち。

3戦目。
相手はカズタカさん。
身内対決w
相手は太古の巨神。
ただでさえ相性悪いのに、プレーグ・ウィンド抜いてしまっているので、かなり辛い。
相手初手エスリンとガンロック。
ガンロックエスリンに本陣まで攻め込まれる。
陥落を覚悟するも、相手対抗札なくガンロック落とし、エスリンをシャドウ・バインドでとめて陥落回避。
さらに次のターンも攻めてきて、さらにガンロックが出てくる。
またも陥落覚悟するも、相手またも対抗札なく、今度は落としきる。
英雄点でガンロックが落ちていたし、ルーグはどうにかなるので、勝ち目が出てきたな、と内心ニヤニヤ。
そうして反撃を開始するために自軍本陣前にオシリスパーティーを進軍させた次のターン。
相手穴掘りが攻めてくる。
同時攻撃!
こちら全滅。
相手穴掘り生存。
穴掘り止めきれず本陣陥落負け。

4戦目。
相手はロスト・ワールド。
対抗力が違いすぎる。
本陣陥落勝ち。
ロスト・ワールドは正直白亜の密林が追加されないと。。。

そんな中松戸の常連マツモさんが快進撃。
この時点で負けなし!
使用デックは蟲!
元気づけられる。

5戦目。
噂をしていたら、相手は蟲。(マツモさんではない)
こちら初手オシリス・パズス。
序盤で制しないと勝てないので、多少手札が悪くてもガン攻め!
瞬殺で本陣陥落勝ち。
文章で書くと味気ないですが、今回勝ったゲームの中で最も緊張した1戦でした。

早く終わったので見回すと、カズタカさんともやしさんの一戦が!
ニヤニヤしながら観戦していましたw

6戦目。
相手はモカぞうさん。
使用デックはドラジェ。
相手ドラジェは出てこないものの、こちらもユニットパズスとゴモリー。
手札回して死神騎士しか引けず。
ゴモリーとパズスを組ませるよりパズスと死神騎士で組んだ方が強いのに、前者のパーティーを組んでしまい死神騎士を横に避けてしまう。
これによりなんとか死神騎士とパズスを組ませるようと中央から外れたパーティーを相手領土1で結成。
ドラジェと正面からぶつからないパーティーができる。(この時点で相手ドラジェはでていました)
しかもドラジェより先に相手本陣にたどり着ける。
もちろん相手ドラジェパーティーはこちらのパーティーに立ち寄る余裕はない。
そして相手本陣にパズスパーティー進軍!
同時攻撃!
こちら全滅。
あとはドラジェがこちら本陣にたどり着くまでに可能な限りドラジェパーティーを攻める。
相手がこちら本陣にたどり着くまでに相手山札は残り少ないところまでいったものの、守りきれず。
本陣陥落負け。
今回負けたゲームの中で最も熱い戦いでした!

7戦目。
相手はグリさん。
ラスボスが強すぎる件(--;
使用デックは夢魔。
なんかなすすべなく本陣陥落負け。

3勝4敗。
勝ち越しならず。
東京大会よりははるかにマシですが、まだまだですね。

しかし決勝卓にはなんとマツモさんが!
前日大会の最終決勝卓は他の卓からは離れていて、私も含めた人垣ができてすごい緊張感!
そんな中判定勝利を収めたマツモさん、かっこよかったです!

そんなこんなで大会終了後、新宿のアメニティドリームの大会に出たり、色々ありながら、もやしさんにデックを見ていただく機会もありました。
それによりこのデックは最終的に・・・

OUT
アヌビスの魔拳士
ヴァンパイア・バット×2
プレーグ・ウィンド
バック・ドラフト

IN
アヌビスの交霊術師
シャドウ・ストーカー×2
フリーズ・ブリーズ
ホーリー・ブレイズ

しました。

あと、記事を書いていて、上記に加え

OUT
ブラッディ・マリー×3
デビル・ロータス
ヴェノム・ストライク

IN
モスマン
ベルゼブブの使徒×3
フリーズ・ブリーズ

してもいいかな、とも思ったり。

とりあえずこんな感じ。
デックへの思い入れが強くて記事が少々長いのはご愛嬌w

登録タグ:

あなたはこのブログの 765 番目の読者です。


テーマ:デックレシピ投稿日時:2012/12/14 02:34
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2012年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。