タグユウさんのブログ

カレンダー
<<2016年
09月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のブログ

[2016年09月30日]
アッシュ(3)

最新のコメント

[2016年09月30日]
アッシュ(3)

お気に入りブログ
ユーザー情報
タグユウ
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
アッシュ
更新日TCGタイトルデッキ名
2016/09/29 ヴァイスシュヴァルツ The Second Joker
The Second Joker
カード名称枚数
   
デッキタイプ ビートダウン 
使用タイトル THE KING OF FIGHTERS 

前KOFのデッキを載せた後に「そういや初風いたな」ってことで改良
舞を全て抜きK越えにして少し調整を加えた
それらも含めて説明フェイズに入りまーす(シャカパチ

・Lv0

ユリ・サカザキ《スポーツ》《委員長》
アタッカーその1
このタイトルは元のパワー4000が無く条件を満たしても応援無しで3500がほとんど
その上その3500のほとんどが元のパワー2000という貧弱なパワーの中唯一元のパワーが2500あり尚且つ特徴を2つ持つこのカード そして条件も満たしやすい事から4投安定。

クリス《オロチ》《音楽》
アタッカーその2
ただの0相討ち要員だけじゃなくLv1のバニラにチェンジ出来る高性能相討ち
初手の手札入れ替えでクリスとそのチェンジ先を握っていればチェンジ先を切った後クリスを後列に置いてチェンジする立ち回りが基本
応援込みで6000というパワーを持ったキャラがLv0帯から出てきたら踏めるタイトルは限られてくるのでこのチェンジは積極的に狙っていきたい
相討ち+チェンジと高性能なため4投安定

柔道家 大門《鉢巻》
緑の色発生要員と日本チームのプレイ条件要員
起動1コストで自分のキャラ1体に+1500と鉢巻を与えれるがこれは滅多に使わないおまけ程度
パワーの低さとパンプも自身に触れない事から2投がベストと判断

ロバート・ガルシア《動物》
アタック最中に噛んだCXを掃ける要員
最初はLv1の舞を積んでいたが初風等のアタック中の回収にデメリットが発生するキャラの普及によって使いにくくなってしまった
それならアタック中にドローするしかないと思いこのカードを投入
活躍する場面が限られてるのでピン投

KUSANAGI《クローン》
手札の余分なCXを掃く要員
自身も控え室に行ってしまうがLv1のアタッカーである京を回収出来る一見ただのアド損カード
しかしそこから日本チームに繋げたりと活躍はしているので侮れない1枚

如月影二《忍》《武器》
元祖4枚集中からの回収キャラ
説明不要
汚いな流石忍者きたない
こういうカードは1枚引けたらいいので3投

シェルミー《オロチ》《音楽》
応援キャラ
このデッキを組むきっかけとなったカード
1コストでオロチか竜にLv以下相討ちを付与出来る
このデッキにはLv1、2、3にオロチか竜の特徴がいるので各Lv帯にどうしても踏みたいキャラがいたら使う感じなので2投

応援しよ子《カードゲーム》《鉢巻》
自身レストで自分のキャラに《元気》が付与できるこのデッキの柱
まさかこんな格ゲータイトルにこんな格ゲーらしくないキャラを呼び寄せる事になるとは思ってもなかったとけど後に彼女が熊と戦って少しの傷程度で済んでた話のコマを見てギャグとはいえそこら辺のキャラより強そうに見えてしまった

・Lv1

挑発するシェルミー《オロチ》《音楽》
クリスのチェンジ先
一応アタッカー兼応援シェルミーの相討ち付与要員なので4投
おっぱい

草薙 京《神器》《日輪》
このLv帯のアタッカー兼日本チームのプレイ条件
元のパワーは4000だが控え室に日本チームがある事で5500まで上がり、対応CXを置くことで7500(応援込みで8000)まで上がる
その上相手キャラをリバースする事でそのキャラをデッキの一番上に飛ばせる等このタイトル内ではかなりのハイスペックを持つ
そのハイスペックや特徴も滅多に見ないものあり4投必須

シェン・ウー《特徴無し》
1500助太刀と1クロック貰うかわりに1500パンプの合計3000パンプする助太刀
1クロック貰って1500パンプは他のキャラに振り分けるが出来るので少々たちが悪い
助太刀としての役割が出来なかった時も緑の色発生要員として活躍出来るので2投

日本チーム
このタイトル唯一の回収イベント
京か紅丸か大門を含むネームが自分の場に居るだけで使えるという軽い条件のかけなか+使用後も控え室で京のパワーを上げるので4投安定

・Lv2

オメガ・ルガール《オロチ》《暗黒街》
このデッキのフィニッシャー
自身リバース時に4コストで相手に3点バーンを与えデッキに帰っていくいい意味で原作再現されてるキャラ
登場したターンでバーンを決めるなら1体なら3コスト2体なら9コストあれば十分なのでお手軽にバーンが出来る

リョウ・サカザキ《竜》
このタイトルさいつよ擬似リフ
相手の後列に干渉出来るのでめんどくさい後列を入れかえて殴ろう

・Lv3

Kを超えるもの《改造》
相手のバトル開始時に空いてる前列の枠に移動できるのとフロントアタックされた時にデッキトップを見て控え室に落とすかそのままにするかを選択出来る
基本的に移動のテキストばかり使う事になるので後者はおまけ程度に考えれば

略奪者アッシュ《特徴無し》
元のパワーは3000だがお互いの場の特徴の種類×1000パンプしCX対応でクロックの一番上をストックに送りそのターン中相手は助太刀とイベントをプレイ出来なくなるという当時のカードパワーにしては破格のスペック
助太刀はおろかイベントがそのターン中使えなくなるのでToLOVEるにある「ダークネス計画」等相手の防御札を使えなくし、相手キャラをリバースすることでそのキャラを思い出に送れる恐ろしい流れが出来る
リバースしたキャラが強制的に思い出飛ばされるのがネックだがこのデメリットを差し引いても今の環境ではオープンでもネオスタンでも十分やっていける


とまあデッキの解説はこんな感じ

どんな環境でもアッシュは戦える可能性を秘めているので興味が湧いたら組んでみてはいかがでしょうか

登録タグ: KOF 

あなたはこのブログの 1047 番目の読者です。


テーマ:デッキレシピ投稿日時:2016/09/30 22:13
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
  2016年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
 
現在“3件”のコメントがあります。
無題 鍵豚 さん [2016/10/01 04:34]
コメント失礼します。
元々タグユウ様のアッシュ軸を見てKOFを組みたいと思いました。
鍵豚です。

最近のタイトルだとあまり特徴被らなくてアッシュのパワー上がりやすくて助かりますよね。
無題 タグユウ さん [2016/10/09 10:20]
遅れましたがコメントありがとうございます
無題 タグユウ さん [2016/10/09 10:22]
遅れましたがコメントありがとうございます

確かに最近KOF側に無い特徴が多いのでパワーが上がりやすくなってますね

前のタイトルだと特徴被りが多いシンフォギアや刀語、ログホライズンは苦労した思い出があります