こうさんのブログ

カレンダー
<<2018年
02月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
こう
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
カラーに関係なく入る魔法少女

最近まほエル始めたーって声をちらほら聞くので何か出来たらいいなーと思って初心者向けにブログを書くことにしました!
少しでも参考にしてもらえてまほエルを盛り上げていってもらえたらなーと思います。

今回はどんなデッキでも入る魔法少女とその使い方について書こうと思います。
これらが入っているかどうかでデッキのパワーに大きな差が生まれてしまうのでまほエルを始める上で最初に押さえておくことだと思います。

まずはこのカードです。

アイリはほとんどのデッキに1枚は採用されるカードになります。
使える効果は2つで

①山札を3枚墓地に送る
②味方怪異を破棄して墓地の怪異1体を対象にして手札に加える。

①の効果は現状、墓地の魔法少女を回収する手段がないので墓地をメインに利用するビート系のデッキ以外では基本的に使わない方が良いです。

②の効果が本命で主に2種類の使い方があります。

1断末魔の使用
2戦闘、対象に取る効果からの回避

1は断末魔持ちの怪異を自分から発動させる時です。特にジューシークレープや豪華なネックレスなどに使います。

2は相手の怪異の攻撃や詠唱の対象になったときに回避するために使います。
攻撃宣言時に怪異がいなくなっても巻き戻しなどは起こらないため、攻撃を回避しながら失ったアドを回収できます。




ランもアイリと同じような使い方が出来ます。加えて打点も上げられるので盤面処理に使えます。
アイリは断末魔、ランは参戦効果の再利用が可能なので状況によって使い分けていきましょう。
ちなみにランは場の怪異が1体のみの場合でも自分をコストに自分を対象にする事で手札に戻すことができます。



モナは相手の墓地の怪異をデッキに戻すことができます。まほエルでは墓地の回収カードがとてもたくさんあり、それらの効果にチェイスしてデッキに戻すことで相手の回収を不発にできます。
また、アイリは墓地に怪異がいないと効果を発動出来ないので隙があればどんどん怪異を墓地に戻していった方が良いです。


セストリアはレベル1の魔法少女をレストするとこが出来ます。ただし相手のバトルフェイズ限定なのでレストする魔法少女は考えないといけません。
序盤は効果の条件を満たしてないドロー効果を持つ魔法少女。

中盤以降はランやアイリ、セストリアなどアド差を広げるカードやリリーやクララなど攻撃を邪魔するカードを中心に止めましょう。
また最近はただまさなどの瞬動も増えたため相手にレストしたい魔法少女がいなかった場合は水星→土星→木星くらいの優先順位でレストさせるのが無難です。


ラフィナは足りないアドの肩代わりや、ドロー効果の再利用などなんでもできる万能カードです。セストリアの対策カードにもなります。
ラフィナが相手にいる場合、はこちらにラフィナとセストリアがいれば
①セストリアでラフィナを対象にしてレスト
②ラフィナでセストリアをリカバー
③セストリアで狙っている魔法少女をレスト
の手順で狙った魔法少女をレストさせることが出来ます。

基本は上記の魔法少女にドロー系、防御系の魔法少女を組み合わせてアドを奪い合いながら戦っていきます。

登録タグ:

あなたはこのブログの 138 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2018/02/16 23:13
TCGカテゴリ: 魔法少女 ザ・デュエル  
表示範囲:全体
  2018年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
 
現在コメントはありません。