カニ。

カレンダー
<<2017年
09月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ぺる3
非公開/男性
1時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
封入率と、購入ボックス数についての話(魔法少女ザ・デュエル編)
注目の新作TCG「魔法少女 ザ・デュエル」ブースターパック第1弾 10月6日リリース!
注目の新作TCG「魔法少女 ザ・デュエル」ブースターパック第1弾 10月6日リリース!6月1日に開催された戦略発表会でベールを脱いだ、FORCE OF WILL株式会社による注目の新作TCG「魔法少女 ザ・デュエル」のブースターパッ...

公式カードリストが公開されてレアリティが判明したので、まだ推測の部分もあるけどいつものやつ書いてみようと思うよ
まずはデータ引用から
 


第一弾ブースターパック【開幕☆魔法決闘】 全190種
【価格】1パック:300円(税別) / 8枚入り
パック内訳:C(コモン) 4枚 U(アンコモン) 2枚 R以上 2枚
1BOX:6,000円(税別) / 20パック入り


HR:1種(RパッションウィングLv1のパラレル) / サイン:4種(SRとPRのパラレル)
 
UR:7種
SR:14種 / R:49種
UC:56種 / C:64種
 
備考
各色におけるレアリティごとの基本枚数は
UR:SR:R:UC:C = 1:2:7:8:9
となっており、例外的に土星のみコモンが10種


 
とりあえず一箱を開封した際に得られる枚数は
C:80枚、UC:40枚、R以上:40枚
 
キャンペーンで3箱まとめて買うとプレイマットが付くので、それを目安にすると
コモンが240枚で64種だから1周あたり3.75枚。このゲームはデッキに同名カードを4枚まで積めるのでちょっと心許ない感じ
同様にアンコモンは120枚で56種だから約2.14枚。概ね2枚ずつって感じなのでどうせなら倍の6箱にするのが安定っぽい
そしてR以上については、1箱から合計で40枚ってのはわかるけどSRやURの封入方法がよくわからないから、ここからは僕の推測になるよ
 
仮定1
SRは数パックに1枚だけRの代わりに封入。そしてURは1箱に1枚だけRの代わりに封入
サインやハイパーレアはカートン単位で各1枚だが、パック内ではコモンやアンコモンの代わりに封入
 
仮定2
SR以上はいずれもパック内ではRの代わりに封入
レアリティの低い順に数パックごとに1枚、箱ごとに1枚、カートンごとに各1枚
 
ってここまで書いたところでカートンの箱数が12箱(1ダース)なのか16箱(4*4で箱詰め)なのか20箱なのか調べようと思ったら、まほエルのカートンって 6Boxなのね。販売情報にカートンでプレイマットが2枚とか書いてるの見つけた
ちょっと修正
 
仮定1’
SRは数パックに1枚だけRの代わりに封入。そしてURは1箱に1枚だけRの代わりに封入
サインやハイパーレアはカートン単位でいずれか1枚だが、パック内ではコモンやアンコモンの代わりに封入
 
仮定2’
SR以上はいずれもパック内ではRの代わりに封入
レアリティの低い順に数パックごとに1枚、箱ごとに1枚、カートンごとにサインかハイパーレアのいずれか1枚
 
FOWの封入率も参考にしてみようかと思ったら、すぐに出てきたのが箱からSRが2枚か3枚ってことくらいでRも2枚じゃないっぽいしそんなに参考にならなさそう。暫定的に、レアリティごとの入手枚数が4枚以上を確保できそうな箱数がいい感じに増えそうな封入率を仮定した方が早そう
 
 
64種*4枚=256枚 → 320 > 256 > 240
コモンが64種のうち1箱で80枚を入手可ということは、3箱で少し足りないため4箱で各4達成
 
56種*4枚=224枚 → 240 > 224 > 200
先ほども少し書いたけど、同様にアンコモンは6箱で各4達成
 
49種*4枚=196枚
あり得ないけど1箱からRが40枚の場合を最低値として仮定すると → 200 > 196 > 160 で5箱
SR以上が5枚くらい出たと仮定してRが35枚の仮定にすると → 210 > 196 > 175 で6箱
SR以上が8枚だと仮定してRを32で仮定すると → 224 > 196 > 192 で7箱
むしろこれアンコモンの方がレアより足りなくなるパターン?
 
ちょっと考え方を変える
ゲームシステム上「魔法少女」は必須。そしてレアリティR以上にしか魔法少女は収録されておらず、各属性とも魔法少女ではないRは2枚ずつ
つまりRに関しては余るくらいでちょうどいい、複数デッキ所持するなら6~8枚くらいは要る
 
ではSRについて考える
全部で14種なので各4にするなら56枚。このレアリティが1箱あたり何枚の封入かで購入箱数が
2枚:28箱 、3枚:19箱 、4枚:14箱 、5枚:12箱 、6枚:10箱 、7枚:8箱
 
僕の個人的なバランス感覚だと、1箱ごとにSRを4枚とURを1枚にしてやればRが35枚になるから、2カートンでR以下がだいたい揃うってのが手を出しやすいんじゃないかと思う。プレマも2枚でキリがいいし
それだと全7種のURが確率的に一人だけ仲間はずれにされるけど、もともと4積みするのに28箱を想定したレアリティなので(取り扱いがあるのなら)カードショップでシングル購入した方が財布に優しい
 
あとはR35案と、仮定2’を部分的に採用して、サインかHRの入っている当たりカートンといずれも入ってない外れカートンを作るかどうかくらいかな。スターターにも封入されてるからパッションウィングさんダダ余りしそう
 
 
2カートンの3万6千円に必要ならSR以上のシングル購入でデッキ完成させるとなると、初期投資がプレメモやZ/Xより高価くてChaosTCGと同じくらいなのかな。集めにくさはLyceeOTと同等になりそうだけど
同名の魔法少女は自分の場に一人だけってルールが、カードプールの狭い1弾環境では影響も大きいのでRは集めやすそうな封入率になるんじゃないかって希望的観測はしてるけどどうなるんだろ。混色にすれば解決するし単色に特化するメリットの薄い環境っぽいから問題ないのかな
 
SR以下4コンプセットを1つ作ると、余りでR以下4コンプセットが無理なく作れそう
魔法少女はゲームシステム上で必要にはなるけど、場に出て勝利条件(相手オーブを穢す)を満たす怪異はすべてR以下。なおかつSR魔法少女のテキストが特定条件下でカードを引くようなのばかりなので、無理して高レアリティのカードを揃えなくともゲームには勝てる
極端な話、有色の魔法少女が数枚あれば手札を裏向き配置で無色の魔法少女にできるから、水星のアンコモン詠唱≪呼び出し≫が使えるような構築ならピン積みのSRも探してこれるしタッチカラーでも機能する
 
 
 
いま僕から言えるのはこんなところかな
そもそも僕はZ/Xの傍らで戦車道してるから魔法少女まで手を広げる余裕ないしね。Chaosもキラータイトルが出るまでは既存カードでぬるく遊ぶよ
要は「買う予定がないから批判する気もなく好き勝手に書いてる」ので、もし購入予定がある人は2カートンを基準に考えるといいんじゃないかな
 
もしこの記事を読んで実際に開封した人がいて、箱から出たR以上の枚数を教えてくれると、僕が幸せになります

登録タグ: まほエル 

あなたはこのブログの 1149 番目の読者です。


テーマ:ニュース投稿日時:2017/09/30 16:12
TCGカテゴリ: 魔法少女 ザ・デュエル  
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。