のーてんきにのーてん直撃

ほとんどアクエリの事。
基本的には中級者による大会レポと参考になるのかならんのかよくわからんカード・環境考察とかそんな感じです。

カレンダー
<<2016年
05月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
のーてん
29 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
横浜最強決定戦(仮)使用デッキその2
更新日TCGタイトルデッキ名
2016/05/30 アクエリアンエイジ ドラゴンころし
ドラゴンころし
カード名称枚数
勢力カラー 極星帝国 
デッキタイプ ビートダウン 

フィフストリーム(特殊構築戦)での使用デッキ。

もともとISP2の黄色でとりあえずで組んだシュリー・シャンポリオンデッキの残骸から組んだデッキです。
特殊フォーマットの話を聞いて、アスミディスケとベルセルク・イクイップメントのパッケージってとこまでは決まりまして、そっからもともとは1枚ネフティスで良いかな、とか思ってました。
そう考えつついろいろカードを見てたら、紅い彗星さんに勧められたのが武田信玄でした。
信玄がいるとデッキ内のパーマネントにもブレイクスルーが付与出来るから自身がプリペアーファイターでサーチが利いて後続のパーマネントを引っ張ってこれる、なおかつ自身もペネトレイト持ちのスペックとデッキにうまい具合に嵌ってくれました。

ギャラクシースタイル準拠ながらサーチ手段も補給手段も豊富なのでペネ持ち大型ネーム+ベルセルク・イクイップメントのパッケージは間に合ってる感じでした。
ただし精神ダメージが本当にしんどくて、レーヴァテインや娑羯羅が無理とかいろいろつらい部分が多々。
ネクロワンド、ブラッドシール辺りのパーマネントも噛み合わせが良いので、スロットはカツカツながらもう少し調整とかはしておきたいとは思えました。
あとどれだけダメージ溜まってから殴るか等、練習不足が目立ったのも少し悔しいですね。

登録タグ:

あなたはこのブログの 275 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2016/05/30 01:22
TCGカテゴリ: アクエリアンエイジ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年05月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。