私の言うことはタワゴトです。

私の言うことはタワゴトです。気に障るようなことが書いてあっても頭の悪い人間が書いていることですので気になさらないほうが良いでしょう。スルーされることを推奨いたします。それでも気にしないという寛大な御心をお持ちの方のみごらんいただくとよろしいかと思います。※現在フレンド申請は顔見知りの方または業界関係者の方のみとさせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。

カレンダー
<<2017年
08月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
とむやんぷ~
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
息の長いTCGとは?と考えてみる

いつもの通りにくだらないことを考えております。

最近のすぐに終わるTCGと、長く続くTCGと、ある程度頑張ったはいいけど息が上がってしまったTCGと。

短く終わったTCGはそれはそれなりに色々な理由があった。
お金が続かなかったとか、メーカー上層部が元々乗り気でなかったとか、版権の関係上長く続けられなかったとか、始めたとたん大ポカやらかしたとか。
見ていると、やっぱりそうだよねと言いたくなるパターンが多い。

それに比較してそれなりに順調にスタートしてそれなりに動きが有り、イベントも順調に行われていたにも関わらずメーカーサポートが終了するTCGがある。

例えばガンダムウォー。
何がいけなかったのか?
例えばアクエリアンエイジ。
何がいけなかったのか?
例えばラストクロニクル。
何がいけなかったのか?

不思議なことにTCGには3年と言う数字がある。
つまり3年目には大抵のTCGは終了していると言うことなのですが
それを超えて販売を続けていたTCGが終了する場合はどうしたことで終了するのか。

大体幾つかのパターンがあって
そのパターンに組み込むと「このTCGはサポート終了の恐れがある」という流れはおのずとわかる。

もちろん、それがすべてに当てはまるとは限らず、復活するとか別の形になるとかユーザーによる自主サポートが行われたりする場合もある。
でも現状の流れでこうなると「まあ、そうなるよね」と言うのはショップを長く続けていれば、あるいはいろんなカードゲームを触っているユーザーであればわかると言うもの。

その辺はシークレットで書きましょう。

登録タグ: 雑記 

あなたはこのブログの 567 番目の読者です。


テーマ:私的見解投稿日時:2017/08/07 21:53
TCGカテゴリ: その他のカード  
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。