夢見る人形 出張版!

夢見る人形 主張版!
ここでは主にZ/XやVS,PM,MTGについて書いていきます。

カレンダー
<<2013年
11月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
クロウ
28 歳/男性
2日以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【ヒーローズプレイスメント】ロケテスト参加雑感

と、いうわけで今回は先日行ってきたヒーローズプレイスメントのロケテの感想とレポを書くよ!

まず、このゲームは普通に楽しかった、ってことを最初に言っておくよ。

・基本ルール
 ・デッキは50枚
 ・初手は6枚
 ・先攻第一ターンのみ1ドロー、以降2ドロー
 ・フィールドは基本的には2×3マス。
 ・勝利条件は相手のライフを0にするか相手のデッキ切れ
 ・スタートカードあり。スタートカードは手前の列の真ん中におく。
  これがリーダーゾーン。
 ・キャラの圧殺は可
 ・フェイズの流れがドロー→リーダーの位置交換→攻撃→メインの流れなので召喚酔いは無いとのこと。
 ・コストの支払いはPM風。手札1枚を捨てると対応した地域の1マナが生まれる。
 ・基本的には同じキャラの能力は1ターンに1度まで。
 ・同じ自分のキャラを2枚場に出すことは出来ない。

こんな感じの基本ルール。
ライフはゲーム開始時に各マスに1枚づつ置かれて、プレイヤーは置かれているライフに攻撃するシステム。
防御できるのはそのマスのキャラか隣接するマスにいる起きているキャラのみ。
攻撃が通るとライフはダメージゾーンに置かれる。
捲った時にプライス能力(P能力)があれば発動できる。(シールドトリガーみたいなもの)
また、カードにはリーダー能力(L能力)を持つものもいて、それはリーダーゾーンに置かれている場合使うことが出来る。
さらにL能力の中には「ルールブレイカー」を持つものが存在して、それらはゲーム開始時にリーダーの場合に発動できる「ルールを壊す能力」を使える。

と、ざっと説明するとこんな感じ。

で、新要素の「ルールブレイカー」個人的には好きでした。
どんなものがあったのかというと、

・ライフを全てリーダーゾーンにまとめて置く
・自分のライフを見ながら対戦することが出来る
・ダメージゾーンにカードを2枚置く(ライフは6枚)
・自分のフィールドを3×3に拡大する。(ライフは6枚)
・自分のデッキを70枚にして手札を全て捨てて7枚の状態で引き直しが出来るようになる。

ってのがありましたね。

で、P能力は基本的には

・相手を1体タップ
・戦闘フェイズ終了
・1ドロー
・2ドロー
・次自ターン終了時まで〇〇(地名)マナを2つ発生させる。
・デッキを10枚回復
・ダメージゾーンのカードを手札に加える
・このカードを場に出す(コストを払わずに)

が、あったかな。
基本的に2ドローが強い。

後は実際使ったデッキとカード単体の感想。

・東北
スーサイドファッティ、もしくはコンボに近い。
ルールブレイカーはライフを常時見れる。
ルールブレイカー効果(RB効果)と相性のいい1点ダメ受ける代わりに2マナ生み出すイベントが有ったので序盤からわざと2ドロー誘発させて展開できるのが強み。
また、自分のライフが3以下の時~やダメージゾーンのカードの枚数だけコストを下げるキャラなどスーサイド気味な能力が多い。
後は荻の月っていうイベントカードが強い。相手のキャラを1枚タップする、って効果なんだけどまぁ普通に強い。エンドクラスのカード。
後はゲーム中1回相手のP能力を無効にできる能力持った奴がいるのでそれでバトルフェイズ終了とかの厄介なP能力打ち消せば勝てる。
弱い点としては自分でライフ削るので死にやすいってのと、自殺点を食らってまで満たした条件で出したカードが若干弱い。
イベント性能は高いんだけどキャラ性能が低い感じ。

・近畿
RB能力はライフをリーダーゾーンに集める能力。
これで実質守るだけなら4マスに出せばいいということになる。
ただ、よくも悪くもそれだけで特に長所がない。
どこかしらパワーが足りない感じ。

・北信越
RB能力はデッキを70枚にする能力。
この地域はデッキをリソースとする種類のデッキでコストの支払いにデッキの破棄を求められる。
他のデッキより20枚多くデッキがあってP能力にデッキ回復もあるがそれにしてもデッキがすごい速度でなくなる。
ターン2ドローに加え10枚破棄、6枚破棄を頻繁に行うせいで全然足りない。
ただ、その分効果は強く設定されているのでうまく使えば強い感じ。
個人的にはデッキ破棄枚数はもうちょっと全体的に少なくていいかなーと思った。

・東海
やばい地域その1。
こっちは北信越と違ってダメージをリソースとするデッキ。
RB能力はダメに最初から2枚カードが有る能力。
ダメージのカードを○枚除外して~って効果が多い。
で、個人的な感想を言えば、この地域は相当システム的に強い。
相手からダメージを受けるとこちらのリソースがたまるので相手は一方的に殴り損が発生している。
かと言って殴らないでいてもアド取られているので辛い、みたいな感じ。
正直、こいつらはもうちょっと除外枚数を多くするか追加で東海1マナ追加した方が良いカードがチラホラあった。
あと、唯一のキャラ除去イベントがあった。やばい。

・北海道
やばい地域その2。
所謂ウィニーデッキ。RB能力は3×3マスにマスの拡大。
・・・・・あれ?ウィニーデッキのくせに手数多くできるのは相性良すぎるよ!ってレベル。
相手は6体しか展開できないのにこっちは9体展開できるので、これまたシステム的に強いデッキ。
あと、RB能力持ちがぶっ壊れてた。
RB能力以外にゲーム中1回だけ追加したマスに置いてあるキャラの数だけ北海道マナを出す、っていうぶっ壊れた能力を持っていた。
この能力のお陰で、先攻で0コス×3,1or2コス1,3コス1,と6体展開の上ハンドも残るという鬼畜っぷり。
しかも6体展開だけなら安定して行えるのでこの能力だけは修正加えてもわらないとこのデッキが流行り続ける。


と、まぁ大体こんな感じ。

個人的には凄く楽しかったので応援したいですね!
でわでわ!

登録タグ: ヒーローズプレイスメント  シルブリ 

あなたはこのブログの 1406 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2013/11/06 01:14
TCGカテゴリ: その他のカード  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。