マショウさんのブログ

こちらは主にブロッコリーより販売されているゼクスに対して
カード紹介だったり自分のデッキ紹介だったりいろいろ取り留めなく書いていこうと思います

カレンダー
<<2017年
08月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ

[2017年11月13日]
無責任さん

デッキ紹介(ぬこ)(0)

[2017年11月10日]
無責任さん

助けて、お義父さん!(0)

[2017年10月21日]
無責任さん

にょ(0)

[2017年09月23日]
無責任さん

俺のレビューでオレビューVer21(4)

[2017年04月30日]
無責任さん

俺のレビューでオレビューVer20(0)

[2017年04月30日]
無責任さん

俺のレビューでオレビューVer19(1)

[2016年12月01日]
無責任さん

俺のレビューでオレビューVer17(0)

[2016年06月30日]
無責任さん

おレビューVer.16(0)

[2016年01月30日]
無責任さん

おレビューVer.15(0)

[2015年11月14日]
無責任さん

テキストの話(0)

ユーザー情報
マショウ
非公開/男性
23時間以内
ブログテーマ
ZX
コンボ
日記
構築
雑談
TCGカテゴリ
このブログの読者
デッキ紹介⑩ZXRレーヴァテイン改
更新日TCGタイトルデッキ名
2017/09/01 Z/X -Zillions of enemy X- ZXRレーヴァ改
ZXRレーヴァ改
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
メインの色   
デッキタイプ バーン コントロール 盤面制圧 
チャート

気が付けばデッキ紹介も10回目…
今回はまあとあるブログのレシピに異論唱えてきたのとディンギル使うデッキを少しずつ公開していく宣言出しているので
以前公開したZXRレーヴァテインを色々調整して改良したデッキの紹介になります
今回の改良ポイントは「除外速度の加速とデッキアウト対策」になっています
除外枚数の加速に関してはマンゴーシュ、IGスダルシャナ、新ガーンデーヴァの3枚を採用することで「除外加速と切り札確保」の2点を担うカードを増やすことでZXRレーヴァテインが出る前には最低でも1回は能力が使える状況を生むことが可能になりました
ただし、このデッキの弱点としてあげるのは除外枚数を増やすことに気をやり過ぎるとデッキアウトで死ぬという点です
まあそれでもレ-ヴァテイン4枚使う事を視野に入れると1枚で要求する最低11枚から最大2枚ずつ減っていくという点を加味して除外は最低でもマイスターを20枚以上は1度用意することも想定したプレイングも考えねばなりません
で今回このデッキのポイントになるのがイベントの「アローコンセントレイション」です
これは除外されたゼクスを8枚トラッシュに戻すとトラッシュからガーンデーヴァを含むゼクス1体を相手のPS周りのスクエア以外のスクエアにリブートで登場させるという出雲組専用イベントです
このデッキの場合3種類のガーンデーヴァを採用しているので状況に応じた使い分けができるとともにデッキアウト防止は
非常にしやすいものとなっています
今回の改良で早期の除外達成が可能になったという事でこのデッキ自体にも幅が生じています
1つはビターショコラガーンデーヴァを選択する重要性というのが減りました
これは単純に一気に4枚除外しなければならないという機会も減りコンスタントに6コスガーンデーヴァを使用するだけでも
火力維持が可能になっているという点です
仮に手を加えるとすればトリシューラや4コスアームド、マイスターを展開するという点でZXRアームドの採用も面白いです
また、マイスター以外のカードを入れるならば以前採用していたZXRマリーがやはりあると便利ではないかと思います
10月度までのゼクスタのプロモとして手に入れられる機会も増えていますし、リブートで呼べるカードも多いので彼女の
起動能力を3回使用した時に発動する自動能力はかなり強いです

最後にこのガーンデーヴァデッキで使いがちなカードを使わない理由をさらっと述べます(単色にするなら入れ替えOKですけど)
LRのスキュラ:単純にマイスターによる除外がしやすくなったので直接除外過多はデッキアウト加速を止めることが
       できないため
ZXRナナヤ:緑がほんとに少ないのと捲るだけで入れるのは無意味なので
ナナヤレベルガーンデーヴァ2種:IG枠を一つ使うのと除外過多になるのでいらない
ナナヤレベルレインフォース:これも除外過多になるのでリソ回収できるホロニスの方がいい

登録タグ:

あなたはこのブログの 154 番目の読者です。


テーマ:構築投稿日時:2017/08/29 18:13
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“1件”のコメントがあります。
標準のアバター マショウ さん [2017/09/10 18:35]
※対人で回してきたので個々の噛み合い具合などを具体的に入れておきます
本記事が糞長くなるのでコメントの方で使用感補完はしていきます

メインデッキ
・水剤職人ポーション
待望のIG持ちウェイカーオープンなので積極的に使う方向で使ってみましたが
このデッキのウェイカーは基本的に出すことを考えない構成なので惜しむことなく開けていくのが正解みたいです
レベル能力は相手が自陣の守りに絶界付与系を使ってなければ守りを崩しやすい
・義姉を探す流星スダルシャナ
主にイガリマの降臨コスト、イガリマの降臨時能力で登場させる連パン要員として使用してみましたが
デッキ戦術として除外増加、トラッシュを増やして6コスデーヴァに繋ぐ、手札補充全て噛み合うのでこのデッキにおいては結構重要なポストになるので4積みでいいです
・報復の孤弓ガーンデーヴァ
ウェイカーアーサーとも噛ませられるのでZXRレーヴァの回収や各ガーンデーヴァの回収にも役立つのとデッキトップからの除外が任意なので対し除外された
ガーンデーヴァ2枚あれば使えるマイスター回収はかなり役立ちます
・ビターショコラガーンデーヴァ
出番ないですね、他のマイスターで除外が早めにためられるので一気に4枚除外
出来るのは魅力ですが不確定でキーカードも落ちやすくなってしまうので
少し枚数を減らしてもいいかもしれないです

デュナミス
・緑ウェイカー
基本的に捲り用なのとチャージ利用相手の牽制役として入れているので
相手のPと進行具合である程度相手のデッキタイプが絞れるなら出さなくてもいいです

・滅神騎王アーサー
報復ガーンデーヴァを出すのであれば基本的に除外の枚数は増えてキーカードの回収は容易ですので増やすかもしれないです
・イガリマ
スダルシャナとよく噛み合い攻め手としても使い勝手がいいので
今後も活躍できそうです