環境めたってなんぞや?

カレンダー
<<2016年
12月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ

[2017年03月10日]
【SV】神々の騒嵐(0)

[2017年02月03日]
【WS】その規制、物申す!!(0)

[2017年01月10日]
【WS】最高傑作(3)

[2016年12月31日]
今年の総括(0)

[2016年12月30日]
【SV】環境考察(0)

[2016年12月28日]
【SV】第二環境 まとめ(0)

[2016年12月27日]
【WS】運による収束(2)

[2016年12月24日]
【WS】雑記(2)

最新のコメント

[2017年01月10日]
【WS】最高傑作(3)

[2016年12月27日]
【WS】運による収束(2)

[2016年12月24日]
【WS】雑記(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
醜態
23 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
【WS】運による収束

前回の記事にコメントを貰い、ただ強いだけでは流石に無いと言われたので僕なりに次からちゃんと書いてみます。

今日はカードゲーム全般に言えることだけど、WSが運ゲーという結論で終わるかということについて語りたいと思います。

一応、
僕は基本的にてきとーな人間なので、レポも普通のtocage民とは違って一切書かないし、つらつらあんな書けるほど覚えてなくてすぐに書けないのでレポに関しては許してください。
で、雑記の方は実際雑記なのでてきとーで僕はいいと思ってます。じゃあ、何で書いてんだよって言われると思うんですけど、回答するなら暇つぶし。
基本的に自分の使ったタイトルで地区大会で良いところまで行けたとかこのタイトル面白いとか思ったやつの記事はちゃんと書くつもりではいます。


本題に入ります。


結果から言えば運ゲーです。
WSはある程度パワーバランスが良くて回復できてショットできれば、正直カードゲームという運ゲーの中で運ゲー要素が高いから結局運と言ってしまえばそれまでです。
「運ゲーとか言ってる奴に限って実力ないよね」って言ってる人がチラホラいるのを見ますが、まず最初に何を引くのか何回キャンセルするのかとか全て運なのでその言い方はどうかと思います。

実力なくても地区大会で8連勝9連勝めきるものなのか?と問われれば、僕の見解ですが、10パーセントくらいはあると思います。

とは言え、ただ経験が1年あって特に調整もせずに地区大会に挑むのと経験が1年あって地区大会のために使うと決めたタイトルを調整し地区大会に挑むのとはかなり違うと思います。
その点、5年経験あり、地区大会経験があり地区大会のために使うと決めたタイトルを調整した人と経験が1年あって地区大会のために使うと決めたタイトルを調整した人が対戦したら100パーセント5年経験がある人に軍配が上がるとは思えないということです。
キャンセルしなければ、キャンセルする運がないという結果に終わるので運ゲーという要素が強くあると思います。

また、
結局のところ運ゲーだからどんなタイトルでも勝てるか?という点については、それも100パーセントではありません。
しかし、KFとBMで対戦したときに、カードパワーが明らかに違うために制圧され手札が尽きてBMに優勢になるというのは当たり前なので、前述のとおり、ある程度のパワーバランス、回復、ショットがないと運だけで勝つのも無理に等しい程です。

他にどう言った課題、見解があるかわかりませんが、今で言うならKC、IMC、BM、AWが多いわけですが、デッキを選ぶ要素は何かと言うなら、
・手札が枯れないためにどれだけカードのパワーで対応できるか?→1枚1枚でどれだけの効果やそのままの意味でパワーがあるカードがあるか。
・回復も大事だが、3-0の相手に積めれる(盤面の制圧、ショット)か?
・以上のことを踏まえた点でストックの消費をどれだけ抑えられるか?
の3点を重視され、それらにさらに色々な見解を加えて使用するデッキの結論が出ると思います。

一番わかりやすいのはMKで、
トリオサバイバルでは安定感抜群で、苦手なタイトルと対面する確率はネオスタンダードと同等と考えたときに隣2人に託すことができるという甘えた行動もできるが、安定な勝率を出せるためこのデッキを使うメリットが高い。
ネオスタンダードでは安定感があっても一定のカードパワーキープが難しいのがあって他の有力なタイトルに比べたら苦手なタイトルなら立ち回りに余裕がないため、トリオサバイバルに比べれば少ない(僕がネオスタンダードでMKを使ったことには触れないでください)。

話は飛んでしまいましたが、
これらを踏まえて、このカードゲームは運ゲー要素がかなり強いが、100パーセント運で終わるというのはソウルぶっぱビートダウンぐらいしかないです。

おわり。

登録タグ:

あなたはこのブログの 823 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2016/12/27 23:33
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
標準のアバター ほぐし水 さん [2016/12/28 07:48]
私も個人的な考えを気紛れに書いているので何とも。敢えて言うなら「自分のこれが正解だ」とはあまり考えていません


TCGから運要素を無くすとある意味で破滅する、というのはガッシュベルTCGが教えてくれましたが 、圧縮をするだけした山でも負ける時は負ける、取り敢えず3パンで刻める範囲の勝ちには手が届く「理不尽さ」はWSならではですね

要はその運に対してどれだけの解答を持てるのか、目に見える枚数差でのやり取りに「面白さ」を見付けられるかどうかだと考えています


まあ、楽しみましょう。言葉がキツかったなら謝ります
無題 醜態 さん [2016/12/28 18:23]
(萌え要素が欲しい+)このアニメ・ゲームが好き+Chaosに比べれば簡単にできる

って思考のカードゲームだと思うので、地区大会は地区大会、フリマはフリマと割り切るならいいカードゲームだと思います