赤嘘さんさんのブログ

カレンダー
<<2015年
01月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
赤嘘さん
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
鳥野変人速攻コンビ~ひげチョコと天使を添えて



各カードの採用理由
・4頂日向
今回のキーパーツ。ガッツ、ハンド消費無しでアタック4ブロック禁止まで付くオーバースペック。ほぼ何も考えずあるだけ積みました。
影山がいること前提なのでガッツ、ハンド消費無しで何もせずともアタック5が出ます。よくやった。
なのでこれを活かすためにアクションはトスタイミングのものを多く採用しております。
逆にワイドブロードを始めとしたアタックタイミングでのアクションを採用していない理由はそこ。ニロに止められるしね。

・4頂影山
腐ったアクションを捨ててサーブ5orトス2にできる影山。地味にアタック3も優秀です。
締めのタイミングで手札の「負けは弱さの~」「味方じゃん」などをトス+1に変えてやることで強烈な打点を生み出します。
上の日向と合わせて6点。タイミングがトスタイミングなので手札の調整にも。
ただ、効果は強いですがほぼバニラとしての運用が多いです。サーブに出た時か、どうしてもこの一点通したい時のみ。
現状3枚採用してますが、ここは小回りを聞かせるために1枚ぐらい2S影山や1R影山などに変えてもいいかと。

・4N西谷(&1頂西谷)
レシーブガッツを2払うことで最終的な打点が1上がります。以上。
バボカは通常トスorアタックガッツを払うことで打点が上がりますがこのカード(と1頂西谷と音駒夏合宿)だけはレシーブガッツを払うことで打点を上げることができるカードです。
これは速攻をかける上で非常に重要で、かつ強力な効果なので使ってみれば強力でした。
ただしこのデッキ自体がガッツ溜まらない仕組みになってるので2枚、1頂西谷と合わせて計3枚採用。

・4S東峰
一風変わった独特の挙動をとるカード。手札から鳥野のアタックキャラが出た時手札から登場します。
さらに登場するとガッツを全て払い、払った枚数でアタックが上がります。
そもそもアタック3ありますのでバックアタックしたくない時は手出しすれば良いので思っていたより使い勝手はよかったです。
採用した最大の理由は「ガッツさえ払えば他のサポート無しでアタック5まで届く」ことです。これはバボカでは非常に貴重です。
1S日向を手出ししてバックアタックすると簡単にブロック不可が付くので手札の消費1ガッツ消費2で今回のドンピシャ並の動きになります。
3枚溜まってる状況で打つと今回の日向を超える性能になります。割りとエース級の動きしてくれますよ。
このデッキで唯一能動的にアタックガッツを払う(=ドロップに日向を送る)手段でもあり、アクションでの回収手段もあるので多めの3枚採用。

・4N縁下
アタックタイミングに自分の鳥野のアタックを+1するアクションです。手札で腐らないので強気の3枚採用。

・4S菅原
このデッキは基本的に「自分ターン1回のみ」で手札を使い切るデッキですがどうしてもそういう風に手札を綺麗に使いきれることも多くないのでそういった際に抱えておくカード。稀に相手の4点アタックをブロックします。
また、このデッキはアクション8枚中6枚がドロップのカードをサルベージする効果を持つので自分から能動的に山札を掘ってドロップを肥やす効果を持っているのも使い勝手が良いです。
どうせこんなデッキじゃどうあがいてもデッキ切れしませんし。とはいえ多く持ってても意味はないので1枚採用。

・4R澤村&菅原&東峰
名称菅原で、東峰で、レシーブ4持ってて、トス1持ってます。ブロック0アタック0とか旭さん要素 IS どこ。
他にないステータスを持つ非常に優れたカードです。しかし今回はポジション指定するカードやドロップでの名称参照するカードが多いため採用は事故防止を兼ねた1枚のみ。

・1N菅原
レシーブ3を持つS(今目の前ので拾える)ということでの採用。レシーブ3のSとしては1R影山の方が無駄の無いデザインですがそうするとどうしても「菅原」が少なくなるためこちら。ここは1R影山に変えても良いかと。

・4N道宮
1R縁下ではなくこちらの理由は素のレシーブポイントの差、その一点に尽きます。時々あるサーブ3、セッターのいないアタック3を拾えるかどうかは割りと個人的にはデカいポイントだと思います。ブロック2・レシーブ2のために1R縁下に代えても良いかも知れません。

・コート上の王様
1:2交換出来て、その場に応じて必要なカード拾えて、ドロップに欲しいカード落とせる。割りと書いてあること自体は最高にクールです。
しかし弱点がアクションを拾えないのでアクションを使える枚数が減るので採用は1。
またドロータイミングで手札を増やすので4頂日向とも相性があまりよろしくないのもバツ。

・負けは弱さの証明ですか
こちらも1:2交換するドロータイミングアクション。古兵に1ドローおまけで付いてる、と考えると使い勝手がわかるかと。
ドロップの道宮ちゃんを拾うことで相手のアタックを拾ったり、余裕のある時は4S東峰や4N縁下を拾うことで打点を底上げ出来ます。
アクションエリアをコストにするカードを他にも入れていること、またこちら上記同様4頂日向と相性があまり良くないので1枚採用。

・今目の前の試合に勝て
トスタイミングでトスポイントを上げるアクションその1
Sを拾う効果はおまけです。使えたら良いなーと思っておきましょ。
拾うカードは4S菅原(アタックキャラが手札にいる時)≧4頂影山(アタックキャラが手札にいない時そのままアタックキャラに出来る)な感じ。
地味ですが影山のトスも上がるので他のドローアクション捨てながらこれ使うことで4頂影山のトスポイントが3,4ぐらいまで上がります。そのままドンピシャすると7,8点ブロック不可でワイドブロードと大差無いな?ってなります。手札消費?どうせ1枚も2枚も変わりゃしませんよこのデッキにゃ。
トスタイミングで使えるということで4頂日向とも相性が良く2枚採用。

・次の一本俺に寄越せ
トスタイミングでトスポイントを上げるアクションその2
菅原限定ですがトス+2は非常に強力です。4N西谷と合わせるとこの時点でトス4、効果で4S東峰拾って手札の1S日向出してそのままバックアタック、4ガッツ払ってアタック5、手札の4N縁下を捨ててアタック+1
計10点ブロック不可です。どうぞご確認ください。
一本切ってくべーとそれに対応した3S菅原でも似た動きが出来ますがこちらはさらにドロップの東峰回収が付いてます(あちらはブロック+2という汎用性を持ちますが)
このデッキのフィニッシャーでもあるので2枚採用。2枚重ねがけしたことは一度も無いですが3N菅原と合わせて6ガッツ溜めてそこまでいけば12点ぐらいは夢じゃないです。マロン。



その他のカードは特に不思議なカードは無いかと。3弾まででも採用率の高かったカードばかりですし。
3S西谷通称足ノヤはコンボめいた動きをするこのデッキにとっては割りと重要なカードだったりします。ドロップを肥やす意味でも。どうせ長期戦しないのでデッキは切れません。


回し方
とりあえず手札のカードを全て相手に投げつけて拾えませんって言われたら勝ちです。拾われたら負けです。

登録タグ:

あなたはこのブログの 391 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2015/01/06 19:34
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2015年01月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。